「大間まぐろカレー」なのにビーフカレーの味がする

俺たちはシーチキンの偉大さを知る。

スポンサーリンク

青森ご当地「大間まぐろカレー」

青森の魚といえばヒラメのはずですが、知名度でいえば”大間のマグロ”に勝る物はないでしょう。

最近、土産に”ご当地カレー”を選びはじめた。なぜかというと、レトルトで保存が効くのと、ネタに走ってもカレー味がなんとかしてくれる希望があるからである。ようするに「クソマズイ」に当たりにくいワケ。

まぐろの旨味なのか牛肉の旨味なのか、よくわからない

そんなわけで、まずは大間のマグロ様と対峙することになった。

もしかしてビーフがツナになっただけなのでは…?

パウチから出した瞬間、ビーフカレーそのものが現れた。beefであってmeatじゃない。マグロの角煮と牛すじ煮込みって似ているよね。

ビーフカレーといえばブロック牛が入っている。それは常識であり概念であるため、私にはこれが”ビーフカレー”にしか見えないのだ……。でも”肉”を口に入れると「マグロだ」と感じるわけですよ。ツナみ。

気が動転してフラッシュたかずに写真を撮った末路(照明つけろや)

大間のマグロといえば高級品。鮨で登場すれば1貫1kはくだらない。なのに、なのに……!

加熱するとマグロの角煮と変わらない味なんだよ……。

脂はルーに吸い上げられ、残りカスのツナみを残した肉。シーチキンは油に浸けているため、その弱点をうまく回避していると気づいた。マグロカレーを食べてシーチキンの偉大さを知るってどうなのよ。

マグロがないとめっちゃうまいカレーに大変身!ルーの旨さは保証!

コメント