WordPressの予約投稿が失敗する人は「Scheduled Post Trigger」を試してみて!

WordPressの予約投稿がよくミスります。

ver5.0から顕著になったので、webで解決法を探して、設定やらコード追加をすべて試したけど……それでもダメ。一体どうすればいいんだーとなっていたところ。

プラグインの「Scheduled Post Trigger」で失敗しなくなりました。

スポンサーリンク

WordPressの予約投稿ミスは「Scheduled Post Trigger」で解決しました

WPの予約投稿は、「記事公開時間のサイトアクセスがトリガーらしい」と意味不明な仕様。

これだとアクセス数が少ないサイトは、予約投稿が機能しにくいことになります。

私の状況はというと、リアルアクセスを見てもそれなりだし、自分がアクセスして「投稿されてないやん?」と気づくくらい。だからそれが原因だとは考えにくい。

バージョン5.xから8割方、予約投稿の失敗をするように……。このままでは投稿後にいちいちチェックする必要があるし、直接公開で良いんじゃないになってしまう。

でもユーザーがアクセスしやすい時間に投稿したいじゃないですか。

プラグイン「Scheduled Post Trigger」を使ってみたら解決した!

WP設定にコード追加などの解決策をすべて試してもダメ。

一番最後に試したのは、プラグインの「Scheduled Post Trigger」です。これをインストールしてから、5記事ほど様子見したけど失敗なし!

私はこれで予約投稿ミスの問題が解決されました。

Scheduled Post Triggerの使い方は簡単!

Scheduled Post Triggerはプラグインなので、インストールするだけで簡単に使えます。

プラグインページから新規追加で「Scheduled Post Trigger」を検索し、インストールして有効化するだけ。これだけでいいからホント楽です。

Scheduled Post Trigger
Checks to see if any scheduled posts have been missed. If so, it publishes them. NOTE: This plugin is meant as a stop-gap until you and your web host …
スポンサーリンク

終わりに──プラグインを使いたくない場合の解決方法

予約投稿の失敗を改善する方法は、調べた中だと主流がこの3つ。

  • タイムゾーンを国際基準から東京へ(改善ナシ)
  • 代替cron(マシになったかも?)
  • プラグインでなんとかする(改善しました!)

仕組みからすると、予約した時間以降に誰かがアクセスすればいいので、自分でやればいい話ともいう……。でも「投稿されているカナー」と覗いて失敗しているんだから、誰かのアクセスじゃなくて一定のアクセスが必要だってことがわかる。

その役目を果たしてくれるのが「代替cron」。

これはunix系の定期スケジュール管理コマンドで、サイトアクセスの代理をしてくれるようなもんです。

実装するには「wp-config.php」に一文を書き加えればいいだけ。方法は下記サイトを参考にしてください。

キャシュプラグインを入れていると改善しにくいのは、サーバー応答のパラメータを上書きするからでしょうね。あらかじめconfigに追記すれば大丈夫でしょうけど、その他でブロックしている可能性が高い。

その場合は、喧嘩しているコードを探すよりも、アンインストールしたほうが早いかもしれません。

ちなみに私の場合、キャッシュプラグインも消してcron試したけど改善しませんでした。

コメント