【実体験】ぷらっとこだまで乗り遅れた時のキャンセルと返金についてのまとめ

「ぷらっとこだま」は、東海道新幹線の「こだま」を割安利用できるサービス。。

事前の予約は必要(1ヶ月先から)なものの、JR東海ツアーズの窓口orネットからできるし簡単。乗車券にアルコール含むドリンク交換券があるので、かなりお得感があります。

まあ当たり前の話ですが、指定席のため発車時刻に遅れるとアウトです。

もし乗り遅れた場合、キャンセル方法やキャンセル料はどうなのか。━━実際に乗り遅れたバカがここにいるので、それらに関してまとめました(戒め)。

目次

ぷらっとこだまのキャンセルは当日出発直前まで可能

ぷらっとこだまのキャンセルは、当日の出発直前まで可能です。

キャンセル方法は電話予約サイトから。ウェブサイトなら24時間対応ですが、電話は10~18時と日中のみ(年中無休)なので注意。

キャンセルはなるべくなら予約サイトからしましょう。なぜなら、手続きした時間のタイムスタンプが記録されるから。

電話はつながらない可能性がゼロじゃないし、チケットや本人確認の過程で時間がかかる可能性も捨てきれない。……なにより、(マナーで)電話が禁じられた空間でやるのは気が引けてしまいます。私はそれでキャンセルできなかったんだけどね!

オンラインなら、スマホがあればJR東海ツアーズにアクセスして、マイページからのチケット確認でキャンセル手続きにうつれるから最速といえます。

ぷらっとこだまのキャンセルが可能なタイミング
  • 乗る予定の発車時刻直前までキャンセルが可能
  • キャンセルの連絡はTELかウェブサイト
  • 発車後はキャンセル不可

気になるぷらっとこだまのキャンセル料は?

ぷらっとこだまのキャンセル料は、出発の10日前から発生します。

ぷらっとこだまのキャンセル料
  • 【20%】10日前~
  • 【30%】7日前~
  • 【40%】前日
  • 【50%】当日
  • 【100%】発車後
ぷらっとこだまのキャンセル料
ぷらっとこだまのキャンセル料とタイミングについて

予約自体は1ヶ月前からできるし、直前でも半額は戻ってくるから、急な予定で乗れない場合でも面倒臭がらずキャンセルするほうが賢い。

当然ながら発車後はキャンセル不可になり、乗車券は紙くずになります。でもドリンク交換チケットは使えるため、慰める意味で“なるべく高いヤツを選んで”使いましょう。

JR東海ツアーズで予約したチケットなどの不安などについては、「よくある質問(FAQ)」で詳しく知ることができるので参考にしてみてください。

返金処理はチケット購入の仕方で分かれる

チケット購入は「現金」か「クレジットカード」になります。

駅構内にJR東海ツアーズの窓口があれば、そこでチケットを渡してキャンセル料を受け取ることもできます。この際、領収書があると処理がスムーズでしょうね。ちなみにJR東海ツアーズの窓口は、東海圏内の主要駅に“あればいいレベル”なので注意。

クレジットカードで支払った場合は、キャンセルが認められてから、カード会社から返金されるため、少し時間がかかります。催促せずに待ちましょう……。

ぷらっとこだまの返金処理について
ぷらっとこだまの返金について

電車の指定席に遅れそうなら30分前行動・判断を心がけること!

私は発車10分前くらいに「あ、ムリそう」と感じました。

その時はバスに揺られていたので、スマホで予約サイトからキャンセルすれば、多少なり返金されて次のチケットに全額支払いすることはなかったでしょう。当日キャンセルでも50%戻ってくるのはデカイ。

なぜしなかったといえば、10分前でログインID・パスなりを確認するのがムリそうだったから……。

【今回の教訓】「いけるいける!」は大体いけない。

時間は余裕をもって行動するに限ります……。いやホントに……。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる