「小尾羊」初めて火鍋を食べてみた結果|上野

激辛ブームで「火鍋」を食べれる店が日本でも増えてきました。一方で地方都市の浜松市では、店がないこともないが選択肢が狭い。しゃぶしゃぶ屋がメニューを増やして営業している程度。

本物が食べたい! そんな時は東京だ!

そんなわけで、火鍋初心者ふたりで食べ放題に挑んできました。

「小尾羊(シャオウェイヤン)」上野店

初めは横浜中華街で店を探していました。が、東京からの移動と営業時間がどうにも噛み合わない。在来で50分程度とはいえ、夜更けまで飲んでいると帰れなく恐れもある。じゃあ都内かつ山手線の近くしかないかな……。東京は区画分けがすんごい細かいので、店を探すのが逆に面倒なんですよね。

食べログで人気順から探しだし、互いが都合いい立地が「上野」だったので、ここにある「小尾羊(シャオウェイヤン)」に決めました。もう1店気になるところがあったけど、時間が噛み合わなかった。

んで予約当日。自分が盛大にやらかしてしまう。

知ってるか?薄い肉だけ食べても腹は膨れるんだぞ

Googleマップで登録していた店に行き、「予約したワイです」と伝えたら通された。でも店で待ち合わせていたメンとどうも話が噛み合わない。バッカお前、間違えてんじゃねーのとメッセをしていたら──

俺が間違っていました。店名が一文字だけ違っていたんですよね。

速攻京急上野駅からJR上野駅まで競歩。小雨の中、タイルで革靴がつるつるでスケートできそうな中、ペンギン歩きも忘れずに急ぎましたよ。まあ数分の話ですが……。

焼くと無くなりそうなおにく
小尾羊 上野店 (上野/しゃぶしゃぶ)
★★★☆☆3.09 ■秘伝薬膳火鍋の最高峰!!! 美味と健康を実現!!! 火鍋と中華の本格コラボ実現!!! ■予算(夜):¥4,000~¥4,999

小尾羊 上野店

無事辿り着いたところで宴のはじまりです。

2時間食べ放題で、スープは10種くらいから3種を選ぶタイプ。選んだのは「白湯」「とんこつ薬膳」「からいやつ」。コース内容によって肉の種類は変わります。野菜はセルフでいくらでも。(野菜の選択肢は少ないけど)

とりあえず肉を欲していたので、ジャンジャン頼んでドンドンしゃぶる。

見た目辛そうなのに味はやさしい
人は見かけによらないってやつだな

辛いスープはどれほど辛いのだろう。肉を通しただけで、激辛な肉が生まれるレベルなら、それはカプサイシンに浸けたのと同じではないだろうか。──そんな妄想をはかどらせていましたが、思っていたほど辛くはない。

スープの辛さも選べるようだけど、聞かれなかったような……。まあ同席が苦手だし、彼が大丈夫なのだからこれはこれで”普通”の辛さなのでしょう。最大級を選んでいたら肉が溶けていたのかもしれない。

食べ放題なので、「とりあえず肉」と追加していましたが、お互いになにやら違和感を覚えていた。

しゃぶしゃぶの薄い肉なんて、100枚程度で腹が膨れるわけないやろ! 霜降り肉なんて全部溶けて消えるんじゃねーの? などと思っていましたが、認識が甘かった。薄い肉でも腹は膨れていくぞ、気をつけろ!

鍋のシメは中華麺とライスで

鍋料理は最後の「シメ」が楽しみな風潮があります。

私はどちらかといえば麺派です。なぜかといえば、鍋焼きうどんがあるし、ラーメンも作れるから。雑炊の方が鍋をキレイに片付けれるんですけど、最後の最後にメシを流し込むと意がヤバイのです。

今回はその認識が甘く、シメをする余裕がないがシメないといけない──なんて状況。どんな悩みだよと。

幸いにも飲みすぎてはいないのでリバースはないだろう。翌日は横浜の釣りフェスで歩き回るわけだし、食事をしているヒマもないかもしれない。ならここで貯蓄しておくべきでは?(デブの発想)

シメを想定して、いい感じでスープは減っていたのですが、店員のホスピタリティで出汁を追加していったので、ここは安牌を選んで中華麺に。そしてラーメンの出来上がりです。

正直いって食べることに夢中になりすぎて、写真を全然撮ってなかったね。後半はもうお残しがないよう詰め込むのに精一杯で余裕がなかったから仕方ないね。ペース調整の慢心でした。

まあ敗因があるとすれば、17時にホテルインしてお菓子食べてたことだな。

小尾羊 上野店 (上野/しゃぶしゃぶ)
★★★☆☆3.09 ■秘伝薬膳火鍋の最高峰!!! 美味と健康を実現!!! 火鍋と中華の本格コラボ実現!!! ■予算(夜):¥4,000~¥4,999

コメント