劇場版SHIROBAKOの背中を押してくれる感がすこなのだ

劇場版SHIROBAKOの背中を押してくれる感がすこなのだ

劇場版SHIROBAKOを観てきました。

物語のよくあるパターンとして、「日常→絶望→希望」が多いわけですが、この作品はのっけから「万策尽きようがない絶望」から始まり、希望を求めて日常を過ごしていくような展開。ええそうです。まるで災害後、ですね。だからこそ響く。

目次

たった4年で何があった!?武蔵野アニメーション

劇場版はアニメ時空から4年後の世界。本予告や劇場版HPのストーリー紹介でも濁されていますが、武蔵野アニメーションは「マジで何があったの!?」という状態からはじまります。

劇場版SHIROBAKOの背中を押してくれる感がすこなのだ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる