紙の本と電子書籍の良し悪し

未だに論争やまぬ「紙の本vs電子書籍」の派閥争い。

キノコタケノコ戦争のような永い争いが続いていますが、私は「自分が好きなの選べばええやん」と思っています。

私見でそれぞれの良し悪しをまとめてみました。

スポンサーリンク

紙の本と電子書籍の良いところ

「紙の本派の言い分」

  • ページを捲れるのがいい
  • 売りやすい(資産化)
  • シェアしやすい(図書館)

たまに「栞がはさめる」っていいますけど、それ……電子も出来るから……。

書籍はブックカバーなどでオシャレなのもメリットですね。知的な装備としても優秀です。

「電子書籍派の言い分」

  • 収納に困らない(持ち運びしやすい)
  • どこでも本が買える
  • 紙より安い(のもある)
  • 読み放題サービスが強い

なんといっても強みは「俺のスマホが大図書館!」に出来ること。読み放題サブスクや無料もあるので、生粋の読書好きに向いています。

紙の本のダメなところ【私見】

  • 劣化する(保存に気をつかう)
  • 増えると場所をとるし重い
  • 持ち運びがメンドイ

電子と比べると、どうしても「形(存在)」が気になります。

電車や待合で時間を潰したい時、バッグからいちいち出すのもしまうのも面倒。急いでしまうと折れることもあるし、湿気でふやければ目もあてられない(手汗マンの悩み)。

電子書籍のダメなところ【私見】

  • 特に漫画は発売が遅い(1ヶ月遅れもザラ)
  • 目が疲れる
  • デバイスが小さかったり重いとしんどい

電子書籍は発売が紙より遅くなりやすいのがデメリット。最近はそこまで差はなくなりましたが、紙が優先なのは未だ変わらず。

バックライトがあるので、暗闇でも読めるのは強み。しかし、ブルーライトで目がやられてしまい、眠気を阻害する悪影響があります。

マンガは文字が大きめだから、スマホでも読みやすい。問題は文庫本など文字数で攻撃してくるタイプ。大きめのタブレットなら書籍と相違なく読みやすいけど、画面が大きくなるほどバックライトの眩しさも気になります。

電子書籍を紙の本に近いレベルで読むなら、「Kindle Paper」がおすすめです。

「本は資産、電子書籍は漫画用」と割り切っている

私の場合、書籍はすぐ欲しい時に選択して、電子書籍は買い戻すとか読み返すタイプで選んでいます。

書店は袋に入ってなければパラ読みできるし、「これ欲しいな」と思った時にすぐ行動できるのがいいところ。

電子書籍は劣化しないため、繰り返し読みたくなるマンガとか、実用書で使います。

私が使っている書籍リーダーは「SideBooks」。iOSもAndroidもこれが一番使いやすかった。

SideBooks
SideBooksクラウド本棚は、組織内で文書の共有ができ、会議システム・文書管理システム・営業ツールなど様々な用途でご利用できます。

どっちが最高とかじゃなく、どちらも最高でいいんだよ

この手の話題は、両者のどちらが最高かを決める戦いで、泥沼化しやすいですね。

なぜ「それはそれ、これはこれ」で融通しあわないのだろう。価値観の違いを認めて、互いに受け入れてこそ、多様性の世界ではないだろうか──。

コメント