マイナンバーカードの作成時はパスワードを事前に考えておくといいぞ!

マイナンバーカードの作成時はパスワードを事前に考えておくといいぞ!

なんたって4種類(最低2種)のパスワード設定が必要だからな!

マイナンバーカードで必須のパスワードたち

必要なのは最大4種。4桁暗証が3種で、英数字6桁~16桁以下(全角英字を必ず含む)が1種。その内訳は次の通り──

4桁(全て同一でも可)

  • 利用者証明用電子証明書暗証番号
  • 住民基本台帳用暗証番号
  • 券面事項入力補助用暗証番号

英数字6桁以上16桁以下

  • 署名用電子証明書(全角英字を必ず含む)

4桁暗証番号は主に「マイポータル」へのログインで使います。行政窓口で聞かれるのは「利用者証明用」が多い。署名用の16桁以下は確定申告など、電子書面のやり取りで使います。

というわけで、新規申請時は最大で4種のパスワード設定を求められます。

その場でいきなり「ハイ考えて!」ってなるので、事前に考えておくほうがスムーズに事が進むでしょう。セキュリティ上は全て違う数列にするべきですが、全てのログインにICカードが必要だから、暗証の紛失よりカードの紛失をまず防ぐべき。ちなみに暗証等は3回の入力ミスで使用不可に、署名用は最大5回の失敗でロックされます。

暗証とパスワードを忘れてしまったら……?

暗証ロックがかかってしまったら……?

とりあえず最寄りの窓口に突撃だ!

マイナンバーの暗証変更とリセットは役所の窓口で

ここで私のマイナンバー再設定の体験をひとつ。

e-taxで確定申告をする際、署名用電子証明書のパスワードを求められます。私のメモが半角英字になっていて、その通りに入力してもエラーが出る。入力欄の事項を見て、「あ、大文字やん」と気付いたけど、それでも失敗して、見事にロックがかかってしまいました。

そこで再設定はウェブ上だけで行えず、役所に赴く必要があると知りました。確かにネット上で再設定できればガバガバ具合に磨きがかかるしな!

──というわけで、暗証番号やパスワードを忘れたり、ロックがかかってしまった時は、役所の窓口で「再設定」を申請する必要があります

手続きは煩わしくなく、マイナンバーカードと筆記用具に印鑑を持参すれば問題なし。カードはその場で再ログイン時に必要なので必須。渡された「暗証とパスワードの再設定申請書」に自分の住所と名前を書いて提出し、あとは窓口に案内されて、その場で再度設定するだけです。この時は前回と同じ番号でも可。

本人が申請するなら楽ですが、代理人など”代行”するには、多くの証明書が必要になります。必要な物の参考はマイナンバーのサイトで確認してください。

マイナンバーカードの暗証番号の変更・再設定(初期化)について | 厚木市

コメント