あおり運転の厳罰化は、自転車にも適用されるので注意

あおり運転の厳罰化は、自転車にも適用されるので注意

6月30日より「あおり運転厳罰化」がスタートしますが、施行されても「何やったらアウトなの?」とか、未だにふわふわした考えの方々が目立つ気がします。今回の改正では、あおり運転と認められる行為に項目が生まれ、個人の裁量にゆだねていた時より逮捕しやすくなります。

この厳罰化は自動車と自転車に適用されます。

そのため、道交法に無知なチャリンカーが捕まるケースが、一時的にでも多くなるんじゃないかなーと思います。

「あおり運転」の罰則が厳しくなるぞー

施行は6月30日(本日)から。改正については1ヶ月前からニュースなどで目立っていたし、あおり運転も社会問題化したし、全く知らないで済まされない状況かと。

今までは「不適切な車間距離」に罰則があったわけですが、道交法に”あおり運転とはなんぞや?”の項目がないため、取り締まりがしにくい状況でした。もともと「人によって”あおり”の程度が異なる」し、最中に通報することが困難であるため、取り締まりは事実上で不可能だったといえます。

あおり運転による重大な事故から社会問題となり、ドラレコがバカ売れしたのも記憶に新しい……。今では車内でボタンを押せば通報できるシステムもできたりと、あおりをしてくるバカに容赦ない世界ができあがりましたね。

とにかく──。あおり行為が取り締まり対象となり、なおかつ罰則が強化されることで、抑制と有志による通報が活性化されると思われます。

あおり運転 あすから厳罰化へ ドライバーに呼びかけ | NHKニュース
【NHK】30日、改正道路交通法が施行され、あおり運転が厳罰化されます。これを前に、東京都内の高速道路でドライバーへの呼びかけが行…

あおり運転は、これまで法的に定義されていませんでしたが、今回の法改正では、通行を妨害する目的での幅寄せや急ブレーキなどの行為があおり運転と規定されました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200629/k10012487541000.html

今回の法施行からは、ドラレコの映像が証拠となりやすく、警察なり裁判所が「これは煽ってますねぇ」と認めれば、相手が留置所行きになったりとか、免許がなくなったりするようになり、自動車の違反でもかなり上位の罰になります。だから煽り、ダメ、絶対。

あおり運転は徒歩メインの人にとって「ピン」と来ないと思います。

こう考えてみてはどうでしょう──。コンビニから出た瞬間、真後ろにピッタリ張り付かれて鼻息hshsする変態がついてくる状況、と思えば恐怖が伝わるかと思います。歩きでもずっと後ろでヒタヒタ歩かれると、たとえ同性でも気持ち悪いでしょ?

あおり運転厳罰化は自転車にも適用されます

自転車は公道において「軽車両」です。道路交通法が適用されるため、一時停止違反や歩行者妨害などに罰則はあります。でもそれを知らずに乗れるし、乗っている人も多い。

自動車のあおりは有名ですが、自転車も「車間の詰めすぎ」「通行の妨害行為」などが罰則化されます。詳しくは朝日新聞の記事中にある画像をみてください(他所まかせ)。

あおり運転、自転車も新たに対象 逃走で逮捕の可能性も:朝日新聞デジタル
 30日に施行される改正道路交通法に新設されるあおり運転罪は、自転車も対象だ。被害車両の運転手が申告したり、警察官が現認したりして、ドライブレコーダーや防犯カメラの映像などで立証できた場合には摘発され…

自転車の場合、ポイントは「故意と認められるか」にあります。

ややこしいのは、意図的に妨害されたとしても、やった当人が「故意じゃないです」といえば、罪に問いにくい点。なので証拠がない状態で「やられた!」といっても、相手を探すことも難しいし、仮に見つかっても状況証拠が集まりにくい。

故意だと認めさせるには、ドラレコ様が映像を残しているかがカギになります。これは自分だけでなく、周囲が撮影した映像でもいけます。

例えばこんなチャリカスも、あおり運転なり車間距離の詰めすぎで拿捕することができようになりますが、当人が「風よけのためにトラック後ろについていただけ」といえば、故意とするに難しくなり、話がこじれて裁判までゴーすることになるかも。まあ”あおり”よりも、”不適切な車間距離”で捕まる可能性のほうが高いでしょうね。

自転車乗りは道交法を学ばずとも車道に出れるため、今回の厳罰化もピンと来てない人が多いのではないでしょうか。何も知らない学生が、進路妨害や車間詰めで捕まるケースも増えそうです。

それだけ自転車の運転がフリーダムなこともありますが、自転車も自己防衛で録画機能のあるカメラを着けたり内蔵したりするかもしれませんね。

コメント