パスタ料理にヤマサの「貝だしつゆ」は欠かせないマジで

ヤマサの「貝だしつゆ」は有能オブ有能。

貝の出汁は料理の味付けに万能で、たっぷりエキスが旨味を強調し、ほんのり塩味を追加してくれる。あさりの味噌汁がウマイのはそういうワケであります。

この商品を業務スーパーで見かけた瞬間、パスタ料理が捗りそうだと予感しました。

目次

貝だしつゆは万能調味料といっていい

ヤマサの「貝だしつゆ」の使い方は簡単。

濃縮タイプなので薄めて使うのが妥当なんですけど、小さじ程度の量なら、野菜炒めとか味噌汁なりスープ系に直でぶちこんでも大丈夫です。ようするに、隠し味に最適なんですよね。

ヤマサの商品ページにレシピも紹介されています。

あわせて読みたい
ヤマサ 貝だしつゆ(業務用濃縮) 4種の貝(あさり、ほたて、しじみ、はまぐり)の旨みにほたて貝柱から抽出しただしを合わせた奥行きある味わいのつゆで、和にも洋にも色々なメニューと相性抜群です。高濃...

貝出汁は料理をめちゃくちゃ美味しくしてくれるんですよ。

イタリアンなパスタ料理だと、塩味を追加する“ついで”にクラムジュースを入れることもあります。アサリとかハマグリのパスタを食べたことありませんか? シーフード系の塩味って美味しいですよね。

貝だしつゆなら、その味を簡単に再現できるわけです。

これと出会う前は、買ってきたアサリ・ハマグリを直接入れるとか、缶のクラムジュースを使うとか、冷凍のシーフードで代用したりしていました。

その必要がなくなるのがデカイ。密閉容器だから保存が効くのも強い!

パスタの味付けにめっちゃ使える

パスタの味付けは意外と簡単。

基本的に素材の味をオイルに移すとか、塩たっぷりの茹で汁を入れて際立たせつつ乳化するとか、実はめっちゃ簡単なんです。……ただ、それで物足りない人もいるでしょう。

そう、コクが足りないことがあるんですよね。

ヤマサ「貝だしつゆ」
貝にフリガナはいるのだろうか……

そこで貝だしつゆの出番。

アーリオオーリオとかペペロンチーノは、最小限の材料で作れるパスタなんですが、味の深みが弱いと感じることがあります。そんな時に有能なのが貝の出汁。ボンゴレがめちゃウマイのは、やはり貝のおかげなんですよね。

もちろんトマトソースでも使える。

いや、トマトベースだからこそ、貝出汁は必要です。

トマト缶に塩のみでも十分美味しいけど、貝の出汁を入れたほうがコクが増します。

濃縮タイプだからこそ隠し味に使える

11倍濃縮タイプなので、めんつゆの要領で使うと濃すぎます。

私はスープやパスタに野菜炒めには大さじ1杯程度。もともとの分量にもよるけど、大さじ程度の量でも十分「貝」は感じますよ。味噌汁に入れてもいいですね。

ヤマサ醤油
¥1,828 (2021/09/24 17:25時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる