常温保存ができるハンバーグを静岡県が作りだした

いつのまにか静岡県は「ハンバーグ王国」になっていたらしい。

非常食でもハンバーグを食べれる幸せ

常温保存が可能なハンバーグがあると、非常時に貴重な動物タンパクを摂取することができますね。何かと体力のいる日々が続くこともあるし、電気が使えないと食事も難しくなる。

そんな時でもパウチから出せばハンバーグが食べれる! これほど嬉しいことはないでしょう(体験すれば)。

常温保存ハンバーグ開発、災害時の非常食にも 藤枝の人気店と連携|静岡新聞アットエス
藤枝市地域おこし協力隊員で日本ハンバーグ協会理事長の田形友幸さん(46)が地元の人気ハンバーグ店「ハンバーグBingo」(泉町)と連携し、常温保存可能なレトルト…

藤枝市地域おこし協力隊員で日本ハンバーグ協会理事長の田形友幸さん(46)が地元の人気ハンバーグ店「ハンバーグBingo」(泉町)と連携し、常温保存可能なレトルトハンバーグを開発した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で苦境に立つ飲食店を支援し、災害時の非常食としての活用も目指す。

https://www.at-s.com/news/article/local/central/792634.html

ハンバーグは鉄板ジュージューで提供されることは多いけど、レトルトパウチの商品も意外と多いです。既製品は湯煎なり”温めること前提”ですけど、このレトルトハンバーグは”常温”をウリにしていますね。

わりとコレ……、筋トレとかダイエットする人がドカ買いして、タンパクとりたいストックに使えるんじゃないの?

実はハンバーグ消費量が全国1位の静岡市

西の浜松は「餃子消費量」で宇都宮と常にバトっている。中央の静岡市は、なんと……、ハンバーグ消費量はもうずっと1位なのである。

静岡市が「ハンバーグ年間支出額」全国1位なのはなぜか?
vol.18 静岡市が「ハンバーグ年間支出額」全国1位なのはなぜか? 静岡県が6月6日に更新した、県内の全国一を集めたホームページ「Myしずおか日本一」によると…2015年「世帯当たりのハンバーグ年間

スーパーでも生ハンバーグが多く陳列しているし、静岡といえば「さわやか」がハンバーグ観光大使みたいな立ち位置ですし? 市民にハンバーグ文化が根付いているわけですね。

東西100kmほど離れるだけで、向こうは餃子臭がまったくしなくなるのが面白い。お土産では侵食していますけどね。

コメント