GoToイートは飲食業の救世主となりうるのか?

先行のGoToトラベルに続き、10月からは「イベント」「イート」など他キャンペーンも開始していく。さて、GoToイートは使いやすいのだろうか?

スポンサーリンク

お得かどうかはともかく、利用しやすいかどうかが鍵

GoToイートは飲食店を対象にした経済支援対策。名目上は10月上旬スタートだが、自治体によって開始日時はバラバラなので要確認。ちなみに静岡県は10/26かららしい。

”お得”を受け取る方法は2種類。

  1. 各地域で商品券を購入(最大25%割充当)
  2. 席をネット予約することでポイント還元(最大25%充当)

どっちの方法でも割引率は(一応)同じ。使いやすさとしてはどっちもどっち。

(1)は参加自治体・行政区で販売するプレミアム商品券を購入する必要がある。なので旅行先で利用したいなら、まず商品券を買う必要があるから少々面倒くさい。地元を応援する意味で購入し、飲食に利用することが主な利用方法じゃないかな。購入上限は1日の購入で2口(2万円分)まで。販売は2021年1月末まで予定。

(2)は参加するネット予約サイトで、席なりコース料理を申し込めばいいだけ。全国規模で使えるのが最大のメリット。旅行先でも使えるから柔軟性がいい。予約して支払いをした後にポイント還元されるため、初回利用後からお得のラグがある。提携予約サイトは「食べログ」「ぐるなび」とかよく見るサイトは大抵対象。還元ポイントは細かいので後述。

それぞれ利用できる店舗数とジャンルに、多少の違いがある。

商品券なら該当地域の参加店舗で使えるから、ネット予約対応していない店も利用できるメリットがある。なので商品券のほうが利用可能店舗数は多くなるはず。いっぽうネット予約は、席のみかコース料理が主になるけど、人数制限があったりするのでソロには向いてない。

使いどころさんは重要、かな。

「Go To Eatキャンペーン事業」について:農林水産省

商品券とネット予約、どちらがお得なのだろうか

イートはトラベルに比べて単価(割引額)が安いから、割引の恩恵はいまいち弱い。

商品券は1万円分の購入に2500円が上乗せされる方式。1回の購入は2万円分までの制限がある。

ネット予約は時間帯で還元額が変わるので注意。ランチタイムは最大500円まで、ディナーは最大1000円まで。──それぞれの時間帯で最大限の得をしたいのなら、昼は2500円で夜は5000円がボーダーになる。

使いやすさは商品券。お得さなら(面倒クサイけど)ネット予約かな。

予約サイト経由は、サイトの利用ポイントで還元されるが、店舗で付くポイント(dポイントとか)もある。PayPayなど電子マネーを利用し、なおかつマイナポイントも連携させれば──!? だけど、電子マネーに対応してなきゃ意味がない。それを巧みに利用できるなら、ネット予約のほうが”ちりつも”でポイントがたまっていくので、最終的には得になるかも。

使い勝手なら商品券だが……お釣りがでないことに注意

いちいち予約は面倒だし、「大将やってる?」とノリで行く使い勝手ならだんぜん商品券!

しかし、お釣りがでないのがネック。

例えば商品券が1000円1回の綴りだと、1k以下のラーメンとか丼を攻めるとじわじわ損をしていく。1kを少し超えて足りない分を出すなら、まぁまぁ使い勝手がいいかも。500円綴りなら800円くらいでも使いやすいし、洋食ランチは1500円前後が多いから、理想はこっちかなぁ。

1万円が12500円と中途半端な数字になるから、500円綴の券で確定だろうけどね

3人以上家族だと、ネット予約でコース料理を選べばマッハで上限超えるから、団体の場合は1人当たりを対象にするか、支払額を対象にするかで変化しますね。大人数で食事をする場合──5人家族とかなら、一人ひとりが商品券を買っておくほうがお得……にはなるだろうね。

スポンサーリンク

GoToイートの狙いは「飲食店を利用してもいいですよ~」かな

どちらも予算が700億強で期限が来年1月末。年内に終わる可能性も微レ存。

この施策は飲食業界を助けるというより、お得のニンジンをぶら下げて、飲食店に客を向かわせることが目的だと思う。そもそも飲食でクラスター発生の例をあまり聞いてない。店内で話し声がそこら中からするのは”飲み”が絡みやすいので、バーや居酒屋のほうが影響大だったりする。テイクアウトもしにくいしね。

参加店舗には感染拡大防止策が条件となる。あとは訪れる側も拡大防止に務めなければならない。

某有名人が「マスク無しの入店拒否」にゴネて燃えたらしいけど、今の御時世にマスクをしないでウロウロしている人は、病気なり事情で着けれないか、ヤバイ奴かの二択でしょうよ。

「マスク無しの入店お断り」の張り紙は何ら珍しくもないし、緊急事態宣言からもう半年も経過しているから、今の状況だからと対策を何もしないのは、厄介勢の比率が多くなると思う。「そうか、店に入る時はマスクが必要なんだ」程度の認識があるなら、店員側も多少は安心する要素になるはず。だからどこに行くにしても、マスクを着けておいたほうがすんなり事が運ぶ。

「Go To Eatキャンペーン事業」について:農林水産省

コメント