メルペイでモバイルSuicaにチャージしてみた

メルカリに中途半端な売上金が残っているし、Suica残高も少なかったから、メルペイを利用して1000円分チャージしてみました。

やべーくらい簡単で驚きました。この記事はそのメモです。

メルペイって何?

メルペイとは、メルカリの売上金で購入したポイントを、電子決済に利用できるサービスのこと。電子マネーのフォーマットは「iD」です。

何が便利かっていうと、売上金の現金化がスムーズになる点。

今までは指定口座への振込(手数料有り)で現金をもらうか、ポイントを購入して同サービス内で取引するかの選択でした。

メルペイはポイントを電子マネーとして使えます。

振込手数料はかからない、端末操作だけでチャージできる、決済も早い。……お得なことしかないやん?

メルペイを利用すれば少額の売上も有効利用できる!

例えば本を3冊売って1000円ほど売上ができたとします。

銀行振込だと(1万円以下なら)手数料が210円かかるので、貰える現金は790円になりますね。もしそれをポイントに変えると、メルカリ内で1000円分の買い物で消費する必要があります。

メルペイなら1000円分のポイントを、iD支払いに対応している店舗やサービスで、買い物に使えるわけです。

なので少額取引をしているユーザーにとっては、利便性が高く経済を回しやすいサービスといえます。

タンス預金を引き出す政策みたいなもんですね。

モバイルSuicaにチャージ可能と聞いて実際にやってみた

都合よくメルカリに1000円ちょいの売上があったし、その使い道にも困ってたので、Suicaへのチャージを実践してみました。

メルペイの登録自体は特に難問になるところはないはず。今のところiOSのみなのでドロイドくんは我慢しましょう。

まずはサービスに登録します。

これはメルカリのアプリにある「メルペイ」の項目から、電子マネーを選んでください。カードはiOSアプリの「Wallet」に作成されます

カードが作成されたら、メルペイの項目で「ポイント購入」を選択。今回は1000円チャージするだけなのでその分だけ。

購入が済むともうiDで利用できるようになっています。

メルペイからモバイルSuicaへのチャージ方法

メルペイからモバイルSuicaへのチャージ方法は、Apple Payの支払い方法にメルペイの「iDカード」を利用するだけです。

モバイルSuicaアプリからのチャージは、iOSだと登録クレカかApple Payを選択できます。メルペイ経由のチャージはApple Payを選ぶこと

赤丸で囲んだボタンを押すとカード選択のダイアログが出てくるので、「メルペイ電子マネー」を選び、チャージしましょう。

カードを間違えてもそれで決済されるだけだし、不都合なら払い戻し申請をしましょう。

支払いを承認すればチャージ完了です。

スマホの時計表示を見てもらえばわかりますが、登録からモバイルSuicaへのチャージを完了するまで、およそ5分程度とスピーディです。

これを代行業者がやると「5分で……2000円!」もあるので、このくらい自分でできるようになるのも節約方法のひとつかと思います。

LINEやfacebookのID作成するだけで金取るし、それに支払う人もいるんだから世の中って広いよ。

https://jp.merpay.com

メルカリで稼ごうと考えてない人には便利なサービス

フリマはちまちま出品してその都度代金を受け取ると、手数料が発生して販売側は損しやすい。

メルペイはその損失を補ってくれるし、すぐコンビニで買い物できる電子マネーに変えれるんだから、便利なサービスと思います。

このおかげで手数料による収益は減るけど、電子マネーを利用した手数料を店側からペイしてもらえれば、十分運営維持できると予想したのでしょうね。

Androidへの対応はどうなるんだろ……。

電子マネーはiDを使うわけだから、おサイフケータイ機能があればアプリ対応で使えるわけだし、Felica仕様だとこっちのほうが有利のはずだが?

それらの垣根がなくなる「QR決済」に対応する未来もあるでしょうね。

そしたらもうあれよ、現実のフリマでポイントやりとりしてキャッシュレスよ?

面白いと思うし便利だろうけど、スマホを持ってないとどうしようもない! とか騒ぐ人もいるんだろなぁと。