「富士山・富士五湖パスポート」がどれほど得かわかる旅程

富士五湖周辺のバスと電車が乗り放題になる「富士山・富士五湖パスポート」を利用し、2泊3日の旅をしていました。もとの値段の倍は乗ったよ!

スポンサーリンク

富士山・富士五湖パスポートとは?

富士急行が発券している乗車フリーパス。富士山の山梨県側にある「富士五湖」を巡回するバスが、規定区間内で2日間乗り放題! 富士急電車セットなら河口湖駅~大月駅区間も乗り放題!

バス全線と電車一部区間が2600円で、バスと電車全線が3600円。GoToキャンペーン期間内なら、地域共通クーポンで購入することもできます。

https://bus.fujikyu.co.jp/otoku/fuji-passport

観光名所である富士五湖(山中湖・河口湖・西湖・精進湖・本栖湖)を全て巡りたいなら必須といえるきっぷ。秋の紅葉シーズンでは強力な助っ人になります。

2日間の道程は、このきっぷでバスを利用していました。

これがなかったら……バス代だけで1万近くいってましたね。そのくらい得なんです!

2日間でどれほどバスを利用したのか?

ホテルは富士山駅近く。富士五湖沿線のターミナルとしては河口湖のほうが優秀だけど、その分ホテルも高くなりやすい傾向。

・1日目

  • 富士山駅→パノラマ台下「1160円」
  • パノラマ台下→河口湖駅「1040円」
  • 河口湖駅→花の都公園入口「620円」
  • 花の都→山中湖 旭日丘「280円」
  • 山中湖 旭日丘→富士山駅「650円」

・2日目

  • 浅間神社前→忍野八海「350円」
  • さかな公園→富士山駅「700円」
  • 富士山駅→山中湖 旭日丘「650円」

2日間で計5450円! 元は十分すぎるくらいとったぞ!

できれば河口湖のもみじ回廊も行きたかったけど、そこまで行くバスが地味に少なかったのよね。他との接続がうまくいかないとか、臨時ダイヤを詳しくしれなかったとか……。

富士急電車を使わなかったのが最大のミスだった

購入したのは富士急電車セットの3600円で、地域共通クーポン2kを使い、実質1600円。なので1日目だけで十分すぎるほど得してます。

富士急電車セットを選んだのは、帰りのルートで大月駅まで行ってJRに乗れば、御殿場に抜けるバスを利用する分が浮くなぁと。……まぁ中央線と身延線経由のほうが高いけど、富士山じっくり見れるやん!

──で、今は富士急行線の特急なり快速が、コロナの影響で運休になっています。

これが痛かった。

https://www.fujikyu-railway.jp/

区間乗車は可能だから、特急券のみで快適快速で帰る予定だったけど、各駅停車しかないから、河口湖-大月区間の時間が倍近くかかるわけですよ。

各停でルート検索すると、12時過ぎには富士吉田を後にしないといけない。これでは2日目の忍野八海行きがタイト以上の秒刻みになってしまう。

富士山駅から御殿場駅までのバスはあるけど、始発から終点まで乗ると1400円ほどかかる。なら規定区間ギリの旭日丘で一旦降りて、1時間後のバスを待つまで、山中湖をまったり眺めてよう──てのが帰りの顛末。

あとは御殿場駅から沼津にいって、ホームライナー浜松で浜松駅に着くと。

これなら15時に出ても間に合うから、忍野八海と水族館をとっぷり眺めて、余裕があれば河口湖のもみじ回廊って予定だったけど、富士山駅から河口湖駅の区間が微妙に噛み合わなかったので断念。

山中湖の紅葉まつり日中の部も参戦

後半はわりと時間を持て余しちゃいましたね。

バス路線とバス停が多すぎて行き先がよくわかんねぇ問題

富士五湖のバス路線はわりと複雑です。

右回り左回り、循環ルートなど、各路線でも進行方向が微妙に変わるから、間違えて乗ると真逆に連れて行かれる可能性も……。

https://bus.fujikyu.co.jp/rosen/fujigoko

今回の旅で最も役にたったのはGoogleMAPの「経路」でした。

行きたい所をチェックして経路をおせば、乗るべき路線バスの名称と時刻に、降りるバス停まで表示してくれるから、かなり助かりました。

とりあえず行きたい所を決めてしまえば、現在地から最善の方法を選んでくれるので、脳死で旅行したいなら楽になります。ただし、規定区間外になると目も当てられないから、そこだけは注意が必要。

「乗換NAVITMEアプリ」も役に立ちました。次のバスとこの先のバス時刻を教えてくれるから、閲覧時間を加味したうえでの滞在時間を決めやすい。GoogkeMAPでも可能だけど、設定をいちいち変えるのが面倒。

乗換案内 - NAVITIME
NAVITIMEの乗換案内は、JR、私鉄、地下鉄など全国の鉄道路線に対応。電車のほかに新幹線、飛行機、バス、フェリーを使用するルートもご案内。IC運賃、定期券料金、時刻表、運行状況、駅周辺の地図も確認できます。始発・終電検索も可能。

特にバス停は、現地で知れる路線情報が時間以外ないので、こういう経路案内のサービスは役立ちます。

目的地さえ決まっていれば、ね。

スポンサーリンク

最後に──路線は多いがバス自体は少ない

観光地であるため、目的地にいけば1時間は滞在する見込みがあるので、バスの本数自体は抑えめです。

過密路線でも1時間に2本来れば多いほう。

あと工事やら自然渋滞でよく遅れてきます。10分遅れは当たり前レベルでした。これが雪道になったらどうなるのだろう……。各路線を行ったり来たりしているので、馬車馬のごとくって、こういうことなんだなって。

レンタカー使うほうがより自由度はありますが、それよりも格段に安く済むし、なにより寝ててもいいから楽!

東京直行バスのほうが路線バスより多そう疑惑

コメント