クセの強い店で旨いつけ麺に出会う|麺喰処じゃジャ旨(富士吉田市)

富士山駅から徒歩5分以内に飲食店が──!?

意外と無いんだよね……。ホテルから微妙に遠いけど、ラーメン屋は元気にやっているみたいなので、徒歩10分ほどの「じゃジャ旨」に行ってみました。

スポンサーリンク

旅程を2日前にホテルを決めた代償

富士吉田の旅は、富士山駅をキャンプ地としました。

まあ富士五湖を巡るには、河口湖駅かこっちの選択肢くらいしかない。でも河口湖のほうはリゾート感溢れるホテルばかりで、出発3日前に決めるには多少高くなってしまう……。全ては”決めきれなかった”私の不徳。

そして最大のミスが、富士山駅周辺に飲食店が少ないこと。おまけにコンビニがちょうどぽっかり無いこと。

宿泊したビジホがちょうどコンビニ空白地点だった件
コンビニから隔離された奇跡的な立地

いやいや、取ったビジホから一番近いコンビニが徒歩10分ほどって、なかなか経験できない立地やな。

そして飲食店もない。富士山駅の駅施設に期待したものの、地下のフードコートは21時前にダウンするし、トーマスが待ち構えているくらいだ。

いやぁ……5分も歩けない勢にはちと辛いな……。

俺はウォーキングと割り切って歩くけどね! でもとにかく寒かった(気温1桁)。

クセの強いラーメン屋が近くにあった

御殿場駅からバスで1時間ちょい。富士山駅に着いてから、ガラゴロとケースを引いて10分ほど。チェックイン後は20時くらいか……。

改めて近隣の店を探すと、多少歩くが、ラーメン屋がありますねぇ。

評価も良いみたいだし行ってみよう! ──で、たどり着いたのが「じゃジャ旨」でした。

麺喰処じゃジャ旨。山梨県富士吉田市上吉田
麺喰場じゃジャ旨|富士吉田市

ライスがなさすぎて草

いざ券売機の前に立つと……ほとんど売り切れじゃねぇか。

じゃジャ旨の券売機。領収書発行がなくて悲しい。
食べたいモノが軒並み無いぞぅ

閉店間際だし、つけ麺メインなので、ご飯が足りなくなったんだろう。券売機からはご飯モノがごっそり消えている。

うん、仕方がない。えび旨辛つけめんの大盛りにしよう。本当は牡蠣泡を食べたかったんだけど……。

えび旨辛つけ麺(大盛り)|麺喰処じゃジャ旨
えび旨辛つけ麺(大盛り)

空腹補正を抜きにしても、けっこうウマイつけ麺だった。

麺はありきたりだけど、エビとか海鮮の旨味は感じるし、ほどよい辛さが食欲をそそります。汗が出るほどの辛さじゃないから、いうなれば足湯に使っている感覚か。

……それにしても、店内のクセが強すぎるんだが。

じゃジャ旨の店内には、昭和の下町な雰囲気の建物が再現されており、レトロフリークならよだれを出すかも。
カウンター席から後ろをみた光景。ちょっと意味がわからない

ラーメン屋なのに席の配置が完全に居酒屋風。

建物の中に小規模な昭和ストリートが再現されている感じで、それぞれのテーブルもあっちこっちに分散している。面白い配置だが、接客の店員さんがキレそう。

スポンサーリンク

『麺喰処じゃジャ旨』はこちら!

富士山駅からだと徒歩15分くらいかな。

駅近にホテルをとりつつ、22時くらいまで営業している飲食店を希望となれば、じゃジャ旨がある幹線道路沿いまで行く必要が出てきます。飲食店めぐりをするなら、レンタカーなりタクシーを使うほうが賢いですね。

値段設定は高くなく、大盛りで十分満腹なれました。

じゃジャ旨 (富士山/つけ麺)
★★★☆☆3.31 ■昭和の街並みを再現した店内で, 当時の音楽を聴きながら昭和にどっぷり浸かれるお店。 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999
麺喰処 じゃジャ旨

しかし、梨っこは夜になると、めっちゃ車飛ばすなぁ。

コメント