駒ヶ根にきたら明治亭でソースカツ丼を食べるのは”自然”かもしれない

長野の駒ヶ根といえばソースカツ丼の本場。

以前たまたま明治亭に立ち寄り、本場のソースカツ丼を食べたら……他所で食べてたのは偽物だなと思うくらい、めちゃくちゃ美味しかった!

ソースがウマイんすよ。もちろんトンカツにキャベツも。

スポンサーリンク

駒ヶ根に来たらやっぱソースカツ丼でしょ!|明治亭

長野の諏訪大社に行くマンについていくことに。往路の交通費は駒ヶ根ICから降りた先にある「明治亭」で手を打ちました。

駒ヶ根SAからギリ見える駒ケ岳は癒やし。

そんなわけで久しぶりの長野を堪能しつつ、目的地である明治亭へ。到着は昼ですが、実質的に朝飯です。

以前は無難にソースカツ丼を注文したけど、今日はなんだか蕎麦もいきたい気分。せいろでこんもり食べたいけど、カツ丼が食べられなくなっちゃう……どうしたらいいの?!

──そこに”セット”があるじゃないか。

長野といえば蕎麦も捨てがたく、駒ヶ根名物のソースカツ丼ど合わさり、最強のナガノ定食かもしれない。

しかし以外なことに、蕎麦セットを頼んでいるの俺だけ?

その理由もなんとなくわかる。

初見さんじゃなければ、ここのカツ丼は普通でもマジ大型だから、セットを頼むと食べきれない思いがあるのだろう。──てか、他のメニューを頼んでいる人のほうが珍しいのでは?

ソースカツ丼は、丼から溢れるカツとご飯に盛られたキャベツがボリューム感を出しており、閉まらない蓋が添えられて提供されます。

「蓋いる?」と突っ込みたくなりますね。

駒ヶ根市 ソースかつ丼 明治亭
明治亭,かつ,カツ,カツ丼,かつ丼,駒ヶ根市,ツーリング,トレッキング,長野県,食事,駒ケ岳,登山,テイクアウト,軽井沢,軽井沢食事,軽井沢アウトレット,弁当,ソース,アルプス,ソース,そーす

諏訪大社で御嶽海フィーバーしているか確認

長野定食を平らげて、進路は一気に諏訪湖へ。

大相撲を沸かせた御嶽海は長野県の出身。諏訪大社はさぞかし推していることだろう! そう思っていましたが、そんなことありませんでした。

真澄の新酒をついでに買って、長野のスーパー「つるや」に突入。そしたら浜松では百貨店でしか見ることのできない物が普通に置いてます。

目的だったのでちょい安い「駒ヶ根ソースカツ丼」のソースを買いました。

あとで使ってみたけど、酸っぱいウスターよりも甘みがあって、揚げ物の丼にあうご飯が進む味ですね。

明治亭のソースは高いですけど、百貨店や駅地下で見かけたら買って試してみてください。

変化する諏訪姫と観光事情

諏訪大社の横丁からは本気を感じる……。

地域ごとでキャラが増えている? 全コンプすると願いでも叶うのかな?

最初期の諏訪姫フィギュアは持ってますが、その時は数種しかなかったのに、今はメルカリでグッズが流れる時代になっています。

時代の変遷ははやいはやい。

コメント