たまに自分の舌を信じられなくなる時がある

隣が「んめっ!んめっ!」て食べてる時、自分はそうでもないと思っている時、なんともいえない気分になる。

スポンサーリンク

味覚は人それぞれ、感性も人それぞれ

私は特別グルメブロガーなわけじゃないし、普段は「マズイ」「ふつう」「ウマイ」の三段階くらいで分類しています。

なんでも”ふつう”がいい。変わらない君のままで……。

今はとにかく「DX!」とうるさいビジネス界。判子をなくすことは賛成だけど、この”普通”が無くなることで、困る人が多いのも確か。定着した物を取り除くのは、膨大な労力がいるもの。

んで先日、とある油そば屋に行ったんですよ──。

「うまくもまずくもない」に出会った時にバグる脳

先日たまたま入った「麺屋三郎」という油そば専門店。

最初は違う店に行くつもり、けどそこが休みだったから、田園風景に煌々と輝くこの店が気になったし、行きはなんだか空いてたから──満席なってるやんけ!

この”多少並んだ”が良くなかった

行列が出来る店とは、否が応でも期待を上げる。内装を見る限り新しめだろうし、油そば専門は強気の攻め。麺によっぽどの自信があるんだろうなぁと期待したわけ。ただ「東京発」の意味がわかんねぇけど。

チャーシュー多めにした油そば|麺屋三郎
チャーシュー多めにした油そば|麺屋三郎

油そばは麺が美味しくてナンボでしょ?

その要に「えぇ……」と思ってしまえば、あとはオマケみたいな物だし、これならあの店のほうがウマイなとか思考が行っちゃう。少なくとも初めて油そばを食べて、「無味」だった○剣よりはウマイ。

でも隣のニイチャンが、「うめっ!うめっ!」と食べていると、なんだか俺がおかしいんじゃないかと思えてくる。

この時、ドナルドがモスに連れていくAAが思い浮かんでしまった。

味変グッズを駆使しても、麺の味は変わらないんだよなぁ……。

10割に好かれるを目指すと大抵失敗する

「八方美人」という言葉があるように、万人に好かれようとすると、意外と誰にも求められてないことがある。

これはどの分野も同じで、あらゆるニーズに応えるほど、労力が大きくなりすぎて頓挫することが多い。その点、トヨタグループは上手くやりすぎて稀有な例といえる。

飲食店でいえば、メニューが異様に多い店がそれ。

作る側も忙しくなるし、選ぶ側も迷ってしまう。来た客を逃さない精神もいいけど、自分たちがなるべく楽しようとするのは、決して間違いじゃないと思う。

せいぜい3割に好かれれば、ある程度の成功は約束されているのが飲食。あとはそれをどう逃さないか。

コメント