裂肛(切れ痔)と戦ってマブダチになったから治す方法をまとめました

2020年のある日、世界が新型コロナで困っている最中、私はケツ穴から血が出て困っていた。

肛門科にいって「裂肛(きれ痔)」と診断されました。

潰瘍とかガンみたいなヤバさはなかったので安心。……のはずでしたが、この後も長く裂肛と付き合うハメになったので、治療に関する豆知識をまとめました。

目次

裂肛(切れ痔)の治療は基本的に自然治癒頼み

正直いって裂肛は自然治癒頼みな所がある

裂肛の治療方針は大まかに2通りあります。

  1. 突発的か
  2. 慢性的か

(1)が私の症状。出口付近がパックリ綺麗に割れたため、軟膏を塗るなりして患部を清潔に保ち、傷口が閉じるのを座して待つ方向。

(2)は切れたり治ったりを繰り返すことで、イボができたり患部が硬くなりすぎたりします。自然に治る見込みが薄いため、手術することが勧められたりします。

共通するのは、患部に直接薬を塗るのが難しいこと。

おまけに排便をするたびに負荷がかかるため、回数が多いほど治療が遅れやすくなります。しかし我慢しすぎで便秘になるのも体に悪いのは確か。

いったいどうすれば治療を早められるのか……。

答えは簡単、便を柔らかくして肛門(患部)への負担を減らせばいいのです。

なぜ肛門が切れるのか?を理解すれば治し方も見える

裂肛は名称通り、肛門がなんらかの要因で裂けてしまうこと

”なんらか”とは、便が硬すぎて道を傷つけたり、イキリすぎて避けたり、オモチャ遊びしたり──などの原因が考えられます。

症例についてはボラギノールの説明が参考になります。

痔にはボラギノール~ためらわずに...
「ためらわずに、いきたいから」|痔にはボラギノール 「ボラギノール」公式ブランドサイト。いぼ痔・きれ痔など痔の種類や症状に合わせた製品情報のほか、おしりの仕組みや痔の症状などに関する情報なども掲載しております。

ようするに肛門を限界以上に広げると起こる病気。

なので治療するには、大きく広げないように便を柔らかくする「体質改善」が優先事項

便を柔らかくするには?

毎日のように排便をしているなら、腸内環境は比較的マシなほう。

しかし、強くイキんで出すようであれば、便が硬い状態といえます。

便を柔らかくする方法
  • 水分をいつもより多く摂るようにする
  • 食物繊維を意識して摂る
  • ヨーグルトなどで乳酸菌を意識して摂る

簡単な対策は水を多く飲むこと。いつもより多めに飲めばいいだけ。

便が硬くなるのは、腸内の水分量が足りないのが原因なこともあります。便を柔らかくするなら、起き抜けに白湯を飲んでお腹をマッサージするのが効果的。

食物繊維と乳酸菌は腸内環境を整える必須の栄養素。

どちらかではなく、両方意識して摂るのが大事。ふつうに3食食べているなら、食物繊維よりも乳酸菌のほうが不足しがちになります。ヨーグルトがおすすめで、夜の寝る前に食べるのが効果的。

私はピルクルを飲むようにしています。飲むだけで簡単ですしね。

日清ヨ-ク
¥2,880 (2022/01/29 23:46時点 | Amazon調べ)

食物繊維については、大塚製薬のこのページが参考になります。

大塚製薬株式会社 Otsuka Pharmac...
食物繊維の分類と特性|大塚製薬 食物繊維は便秘予防にいいだけではありません。食物繊維の特性や摂り方について理解を深め、健康な毎日を目指しましょう。「食物繊維を摂ろう! 」、「食物繊維の分類と特...

バナナUNKがするっと出るようになると裂肛が治る

腸内環境を知るには、便の色を観察するのが大事

  • 黒くて柔らかければ下痢。食物繊維と乳酸菌をブーストしましょう。
  • 黒くて硬ければ水分不足。水を飲むなり水溶性食物繊維を摂ること。
  • 黄色になれば改善傾向。するっと楽に出るため、肛門への負荷も減ります。

便が黒いのは、腸内環境で乳酸菌の「悪玉菌」が優勢な状態。

悪玉菌が多いと病気や老化の原因になるため、腸内環境を正すことで、善玉菌を優位にする必要があります

そのために必要なのが、食物繊維であり乳酸菌です。

同時にとるなら漬物がおすすめ。特に「いぶりがっこ」が最高効率になるかも?

薬で安全に治す方針はやはり医師頼み

裂肛は原因を知って対策を覚えれば、体質や習慣を変えることで治療できます。

でも”はじめて”は怖いですし、不安になります。血便は重大な病気が紛れている可能性もありますしね。

普段は尻から血が出るようなことがなく、はじめて血が確認できたのなら、まずは肛門科で診察を受けることをおすすめします。

治療の方針も教えてくれるし、ぶっちゃけネットで情報を集めるより確実で正しいですしね。安心感が違いますよ。

「なんかいつもとおかしい……」

この違和感があなたを手遅れから守るはず。直感は大事にしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる