静岡に来た瞬間、ほうとうロスに襲われる

ほうとうにハマった男の末路……。

スポンサーリンク

山梨・長野ではあんなに売っていたのに…

浜松のスーパーでほうとうを探すと、驚くほど見かけない。

自宅でほうとうセットを使ったら驚くほど簡単だった

太いうどんはある。でも”ほうとう”じゃない。むしろきしめん率が高まるのが、静岡西部かつきしめん県が近い浜松ならではだろう。

山梨・長野では見かけないほうが珍しい。「うどんカテゴリ」に入れるなら、どれも似たような物なのに、地域色の強い麺はそこを出てこない。飲食店でチェーン化しないのはおそらく……提供時間がネックなんだろうなぁ。

ツルヤで買った生ほうとう麺は2日で消える

ほうとうを実際作ってみると、気付いたのは手軽さと便利さ

とりあえず野菜鍋を作れば9割は完成。あとは麺をぶち込み、10分近く煮込んでつゆがドロドロに乳化すれば完成! 基本は放置でいいから簡単! 吹きこぼれには気をつけよう!

ツルヤで買った生ほうとう(1)
ツルヤで買った生ほうとう(1)
ツルヤで買った生ほうとう麺(2)
ツルヤで買った生ほうとう麺(2)

ほうとうはきしめんを厚くしただけのイメージだった。

きしめんはツルツル喉越しだけど、ほうとうは汁を吸わせてもっちもちが主流。なんだかきりたんぽの麺バージョンのようだ。そしてどことなく、二郎ラーメンの極太麺を思い出す。

ツルヤの生麺コーナーには、ほうとうとうどんがたくさん並んでいた。

太さもまばらで、どれも美味しそう! 片っ端から買いたかった……でも生麺だから賞味期限がね、気になるところだよね。蕎麦も食べたいし……。

断腸の思いで特徴的な2つをチョイス。

それは2日で消えました……。だって美味しいし、料理が楽なんだもの……。

スーパーマーケット TSURUYA ツルヤ
スーパーマーケット「ツルヤ」の会社案内、店舗情報、採用情報、インターネット販売のご案内。

ほうとうロスを抑えるには麺を買うしかない!

ほうとうの手軽さは、粉落としをする必要がないところ。打ち粉も一緒に茹でちゃうことで、汁に良い感じの塩気も入るから、調味料としても活躍してくれる。

これはあれだ、パスタで茹で汁をソースに入れるようなものだな。

幸いにも今の季節は毎日鍋でもいいくらい。

おニューの白菜は甘みもあるし、水分をたっぷり含んでいる。それをメインに人参と葉っぱ系を散らせば、彩りも豊かになる。肉や魚を入れればタンパク質も摂れる。これらの〆にもほうとうは使える!

ツルヤで買った信州みそ。甘口ほど甘くない
ツルヤで買った信州みそ。甘口ほど甘くない

ベストは信州みそを使ったスープ。……味噌汁ともいう。

甘口だけどほうとうの塩気が抜けるので、野菜の旨みもコラボして、最終的には良い感じのスープになる不思議。これが化学か……。

スーパーで売っている「スープのみ」を使ってもいい。でも味噌ベースだと塩分過多になるかもしれない。

ちなみに新東名の岡崎SAならほうとうを買うことができる。あそこは中部地方の土産が全集結してるかのようなSAなので、「お出かけしたとみせかける買い物」ができるぞ!

無難に安く買うなら、ふるさと納税を使うのがベスト。

”非常食””常備食”なのか……。

コメント