ラーほーの作り方で「用法要領を正しく守って…」がよくわかった出来事

「ラーほー」て知ってますか?

名前の通り「ラーメン+ほうとう」で、スープがラーメンで麺がほうとうのハイブリッド。中央道の長野山梨エリアだとほぼ見るお土産シリーズのひとつです。

作り方をチラッと読んだけど、いつも通り鍋にぶちこめばええやろ! なノリで作ったら、作成者が想定してなさそうな「ラーほー」が完成しました。反省してます。

目次

ラーメン+ほうとうで「ラーほー」

中央道のまだ山梨県内、八ヶ岳PAではじめて見かけたラーほー。

写真は諏訪湖で2人前を見て衝撃を受けたので(なんか損した気分だったから)
写真は諏訪湖で2人前を見て衝撃を受けたので(なんか損した気分だったから)

レジを通したら680円くらいで意外と高い。近くの値札は450円くらいだったはずだが、もしかして別のを見ていたのだろうか。

一番許せなかったのは、諏訪湖SAで2人前サイズがあって、量もちょうどいいし値段も安い。ギルティ!!

他にラーほーを扱っているサイトはないかと調べたら、「じゃらん」はなぜか酒の〆を勧めている。……いや、これね、1人前でも量があるんだワ。汁を吸って膨張したほうとうを舐めてはいけない。

作り方を一応見たけど「全部まとめて煮込めばええやろ」で調理した結果

ほうとうの良いところは、生麺でも賞味期限がそこそこ長いこと。スープ(出汁)に野菜とほうとうを適当に入れて、煮立たせれば完成な手軽さもいい。

ただ、ラーほーはラーメンスープを使っているため、信州味噌を使う王道な作り方ができない。スープの量次第では野菜の量も気にしないといけないから、けっこう繊細になるかも。

……一応作り方を見てみるか……。

ラーほーの作り方
ラーほーの作り方

ふむふむ、麺だけ10分ほど茹でて、”湯切り”……だと……?

面倒だ! ほうとうは鍋でドロドロにしてこそだろ。全部まとめて煮込んでやるぜ!!

注意書きを読んでも逆らう反逆者
注意書きを読んでも逆らう反逆者

そして後に後悔することとなる。

用法用量を正しく守らないとスープが薄く麺が小麦粉になります

10分ほどぐつぐつ煮込んだわけですが、スープが濁りすぎてラーメンぽさがない。

麺についた粉と溶け出したアレの効果で、スープは白く濁ってしまい、野菜などの予定外な水分が移ることで、味が薄ッッッッなラーほーに仕上がりました。

麺と具材の煮込みは完璧だが、スープが薄いぜ!
麺と具材の煮込みは完璧だが、スープが薄いぜ!

まことに申し訳ありませんでした。

でも醤油のガラスープはうまさのポテンシャルを感じる。これスープだけでも絶対うまいやつだ。まだ残っているから、次は面倒でも湯切りして、完璧に仕上げてみせる!

ちなみにECサイトでも販売してますよ。

第二東名の岡崎SAでも見た気がする。愛知といえば「きしめん」。ほうとうをめっちゃ薄くしたような麺だが、私はもっちりしたほうとうが好きやで。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる