近畿地方ではしかが流行中らしい

インフル大流行の次は、麻疹(はしか)が流行の兆し。

その対策をするにはどうしたらいいのか? を調べてみました。

スポンサーリンク

はしかは空気感染と飛沫感染が主

はしか、近畿で急増患者数の約7割が6府県と三重|毎日新聞

はしかの主な感染源は、咳をすることでウイルスが飛散してそれを頂いてしまうこと。

予防するにはマスクをすることが対策のひとつ。

感染者が手で口を押さえて咳をして、そのまま物に触れたりすると、接触感染もありえます。なので帰宅したら手洗いとうがいは忘れないようにしましょう。

電車などの交通機関を利用する場合は特に気をつけるように。

感染しない心がけも必要だし、こちらが広げない気配りも重要です。

インフルより潜伏期間が長いので注意

潜伏期間はおおよそ10〜14日。発症後は38度くらいの高熱に気管支炎を経て、頭部から発疹が現れる症状がピーク時になります。

はしかを移しやすい時期は初期発症までの期間。

「ただの風邪かな?」とゲホゴホやっていると、いつのまにかバイオテロをやっていた──なんてこともありうる恐ろしい感染病です。

お家で対策するには加湿器が効果的

インフルエンザとはしかは、空気中を飛ぶウイルスですので、湿気に弱いです。

そのため、雨が少なく空気が乾燥しやすい冬に流行することが多いわけです。

なので室内で感染を予防するには、加湿器で潤った空気に整えておけば、ある程度マシになります。空気洗浄機能もついてれば尚良し。

スポンサーリンク

渦中のあべのハルカスに行ってた中の人

あべのハルカス利用客も「はしか」感染府は感染者の新幹線利用を発表で注意呼びかけYAHOOニュース

このニュース聞いた時は「まじかー(他人事)」と思ってました。

見出し文句だけで見ると、該当する従業員がいたその日に、あべのハルカスに居ただけで感染リスクがある! みたいな書き方ですね。

でも実際は、百貨店の特別会場だけの話なので、限定的なんです。バレンタイン展示に訪れてチョコを買ったけど、当日に発症して渡せなかった人も、中にはいるかもしれませんね。

ちなみに私は2月4日に行ったし、連絡橋から直接展望台に入ったし、2週間すぎても発症しないからセーフやろ!

咳をするにもマナーがあるだろうと

オッサン連中は、なぜクシャミと咳の音で”威嚇”してくるだろうか。

子供の頃からこれは疑問でした。オッサンと呼ばれる年齢になっても、相変わらず理由がわかりません。音を出すことで存在を認めてもらいたいのでしょうか?

咳をするにもマナーがあります。それは他人に配慮するだけの話。

咳エチケット|厚生労働省

ハンカチで口を覆ったり、肌着を引っ張って覆ったり、上着の袖で口を覆ったり──方法はいくつかあるでしょうよ。

それらが間に合わず手で覆うのは、フリースタイルよりマシな程度。したらその手は速やかに洗っていただきたいですね。

コメント