一蘭の替玉注文の仕方をまとめてみた

よくわからないが、「一蘭=替玉しないと死」くらいの印象がある。

久しぶりに行くことになったから、替玉の注文ってどうやるんだっけ?と、チキンな私は事前に調べたのでした。これで何回でも頼めるね!

スポンサーリンク

一蘭で替玉を頼むには?

一蘭で替玉を注文するには、方法がいくつかあります。

  • 食券機で「替玉」をあらかじめ買っておく
  • 呼び出しボタンで店員を呼び替玉を頼む(発声が必要)
  • 箸袋にある「替玉」にチェックを入れ、呼び出しボタンで店員を呼びスッと出す

食券機で替玉を買うと、注文受領後に謎の金属トレイを渡されます。替玉が欲しい時は、それを右上のマシーンに乗せるだけで替玉が来ます。原始的なハイテク。

一切言葉を発せずラーメンが食べれるのが一蘭の強み。ですが、たまに声を出す必要もあります。

もし替玉を買っておらず、「なんか物足りないなぁ」となった時は、テーブル奥にある妙な機械に注目!そこにある”ベルマーク”を押すと店員がマッハで来ます。

新しめの店舗だとテーブル中央奥に埋め込んであったりする
新しめの店舗だとテーブル中央奥に埋め込んであったりする

これ豆ですが、一蘭の箸袋は注文表になっています

そこにはトッピングの後注文が書かれており、メニューにチェックか○で囲って店員に渡すと、それが到着するわけ。替玉のついでにチャーシューなりご飯を追加したいならコレ。口頭で「○○ください」と伝えるのもいい。もちろんお代は現金で。

猛者は替玉分のコインを置き、”置き替玉”をしているのもいるとかなんとか。

一蘭替玉タイムアタック(店員が)

ラーメンを食べていると、店内にチャルメラが何度も鳴っていることに気づいた。

ははぁん、これは替玉注文の音だな。店内は3割埋まっている程度のはずなのに、ひっきりなしに鳴っているけど、みんなやっぱり好きなんですねぇ。一蘭で替玉。

なんとなく気になったので、替玉トレイを置く過程を動画にしてみた。

チャルメラが鳴り終わった直後に来てワロタ。早すぎるでしょ!

いつでも食べれる無難にウマイ豚骨ラーメンが一蘭の魅力では?

一蘭は基本年中無休で24時間営業。博多豚骨を売りにした豚骨ラーメン専門店。

本場にいわせると「一蘭は一蘭ってラーメン」と言われますが、深夜でも早朝でも、無難にウマイ豚骨ラーメンを食べることができるんですよ?!これってスゴいことやん!

よく言われているように、値段が高めなのがつらみ。ラーメンに替玉をすれば1000円はいくしね。

替玉はすぐスープに入れないと固まっちゃうぞ!
替玉はすぐスープに入れないと固まっちゃうぞ!

でも最近のラーメンは800円以上が基本じゃない?

私の場合、一蘭に行くのは深夜帯だから、ラーメンなら山岡家、メシなら牛丼チェーン──しか選択肢がない時かつ「身体が豚骨を欲している」場合に選ぶのが多いですね。高速SAを選択する手もあるけど、当たり外れがデカいしなぁ。

繁華街以外で深夜に(無難に)ウマいラーメンを食べるなら、24時間提供してくれる一蘭か山岡家はありがたい存在です。なんて素晴らしいことなんでしょう!(宗教)

1時間近くも並ぶラーメンに何を求めているんだ……。早くてウマければそれでいいじゃないか……。

中野の「一蘭」に何も知らずに入り、今さらながら驚いた話!
何も知らずに一蘭へ一蘭はご存知でしょうか?ラーメン屋の「一蘭」です。多分、多くの人がこの一蘭のちょっと変わったシステムを知っていると思いますが、わたし、知らなかったんです。いや、正確に言えば、数年前に一蘭がテレビで紹介されていたので、なん

こちらのサイトも参考にしました。ここより詳しいです。店によって呼び出し機の位置も違うんすね。

コメント