一蘭の替玉注文の仕方をまとめてみた

よくわからないが、「一蘭=替玉しないと死」くらいの印象がある。

久しぶりに行くことになったから、替玉の注文ってどうやるんだっけ?と、チキンな私は事前に調べたので、ついでにまとめました。

スポンサーリンク

一蘭で替玉を頼むには?

一蘭で替玉を注文するには、方法がいくつかあります。

  • 食券機で「替玉」をあらかじめ買っておく
  • 呼び出しボタンで店員を呼び替玉を頼む(発声が必要)
  • 箸袋にある「替玉」にチェックを入れ、呼び出しボタンで店員を呼びスッと出す

食券機で替玉を買うと、注文受領後に謎の金属トレイを渡されます。替玉が欲しい時は、それを右上のマシーンに乗せるだけで替玉が来ます。原始的なハイテク。

一蘭の強みといえば、一切言葉を発せずラーメンが食べれること。

もし食券で替玉を買い忘れた場合でも、「すみませーん」と店員を呼ぶ必要はありません。テーブルのどこかにある”ベルマーク”を押すと店員がマッハで来ます。

新しめの店舗だとテーブル中央奥に埋め込んであったりする
新しめの店舗だとテーブル中央奥に埋め込んであったりする

これ豆ですが、一蘭の箸袋は注文表になっています

テーブルのどこかに鉛筆かボールペンも用意されていて、箸袋に気づかなくても注文表があると思います。欲しい物にチェックか○で囲い、店員を呼び出して渡せば注文完了。支払いはその場で現金でOK。

もちろん呼び出して、口頭で「○○ください」と伝えるのもいい。猛者は替玉分のコインを置き、”置き替玉”をしているのもいるとかなんとか。

一蘭替玉タイムアタック(店員が)

ラーメンを食べていると、店内にチャルメラが何度も鳴っていることに気づいた。

ははぁん、これは替玉注文の音だな。店内は3割埋まっている程度のはずなのに、ひっきりなしに鳴っているけど、みんなやっぱり好きなんですねぇ。か・え・だ・ま。

なんとなく気になったので、替玉トレイを置く過程を動画にしてみた。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さしし(G.Kurata)(@sasisi344)がシェアした投稿

チャルメラが鳴り終わった直後に来てワロタ。早すぎるでしょ!

いつでも食べれる無難にウマイ豚骨ラーメンが一蘭の魅力では?

一蘭は基本年中無休で24時間営業。博多豚骨を売りにした豚骨ラーメン専門店。

本場にいわせると「一蘭は一蘭ってジャンルのラーメン」らしい……。個人的に推したいのは、深夜でも早朝でも無難にウマイ豚骨ラーメンを食べれること!

しかし値段の高さがよく指摘されています。でもそれは替玉を頼むからでは……?

替玉はすぐスープに入れないと固まっちゃうぞ!
替玉はすぐスープに入れないと固まっちゃうぞ!

一蘭は、本場の屋台で1杯500円の替玉100円以下みたいに、安くて腹いっぱい食える系じゃない。全国どこでも安定した一蘭が食べられることが強みなんだ。

繁華街以外で深夜に(無難に)ウマいラーメンを食べるなら、24時間提供してくれる一蘭か山岡家はありがたい存在。

1時間近くも並ぶラーメンに何を求めているんだ……。早くてウマければそれでいいじゃないか……。

http://potetto-monster.com/ramen-soba-udon/nakano-ichiran/

替玉のやり方については、こちらのサイトも参考にしました。ぶっちゃけここより詳しいです

コメント