フリーランスにとって領収書(レシート)は金券!その買い物、経費にできるかも?

節税の要は「経費とは?」を理解すること。

経費は「お金を稼ぐために消費したお金のこと」をいいます。例えばグルメブロガーで稼いでいるなら、記事のために食べた食事を経費にできます

これを知っているのと知らないのでは、かなり違うと思いませんか?

目次

法律上では「お金を稼ぐために使った費用」が経費

経費と一言でまとめても、税制上は区分が多く、わかりにくいですよね。

フリーランスは自分で経理業務をする必要がありますけど、全員が簿記3級などの資格を持っているわけじゃありません。

そこまで学ぶ必要はなく、経費の考え方はとっても簡単。

「仕事をするために使うお金のこと=経費」です。

Youtuberはどこまで経費にできるのか?

例えばレストランで「○れまテン」みたいな企画をする場合。

注文した食事の代金は、全て経費にできる可能性が高いです。

あくまで”高い”にとどめたのは、動画に使ってない分まで経費にできるかは五分五分だからです。だって無くても動画が完成するわけですからね。

Youtuberの場合は、動画撮影に使う機材も経費にできます。カメラもそうだし、編集用PCもできますね。レストランへの移動も交通費になります。

フリーランスの強みはこのように、経費がわかりやすいことがいえます。

領収書(レシート)は経費の証明書!

領収書は経費の証明書です。ちなみにレシートも同じ効力があります。

領収書の記名は自分の名前(代表者)で大丈夫。法人化しているなら会社名でも構いません。レシートもカード払いなら名前が残るため手間が減ります。

お金を使った目的を書く「但し書き」には注意。

飲食代金なら接待交際費なり飲食代金でいいですが、先のYoutuber事例でいうと、「取材のため」と記入するほうが妥当でしょう。飲食代金のみだと、高額すぎて疑われます。

但し書きについてはこちらのサイトが参考になります。

Credictionary
領収書の但し書きとは?記入の際の注意点や、領収書作成に便利な会計ソフトをご紹介 「領収書の但し書きって何?どう書けばいいの?」という方に向けて、本記事では領収書の但し書きの基本や記入の際の注意点を詳しく解説しています。個人事業主や法人など、...

フリーランスでもそうじゃなくても、何が経費にできるかは知っておいたほうが得!

よく仕事の話で、「業務に必要な物を自腹で買ったけど……」みたいな事例を聞きます。

業務で必要な出費であるなら、会社が経費で補填するべきです。ただし、経費で補うためにも、領収書やレシートが絶対に必要になります。

もし領収書がなくても経費にしたら、少額でも「脱税」になってしまいます。

自分で税務をする必要がなくても、経理を少しでもかじっておくほうが、損をする機会が減ると思いませんか?

『経費で落とす領収書がわかる本』は「えっこんなのも経費にできるの?」がわかりやすい
『経費で落とす領収書がわかる本』は「えっこんなのも経費にできるの?」がわかりやすい

個人で経費についてちょっと詳しくなりたいなら、この『経費で落とす! 領収書がわかる本』がおすすめ!

内容は難しくありません。専門用語もそこそこで、この記事より詳細に説明してくれているくらいで、読みやすいと思います。

フリーランスは必読! 会社員でも……「あの時払ったカネ、経費にできたよなぁ」みたいに気づくから、これからの損をなくせます!

楽天ブックス
¥1,540 (2022/01/18 18:59時点 | 楽天市場調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる