フリーランスにとって領収書(レシート)は金券なんだよなぁ

自分で確定申告をすると、節税の意識が高くなります。

その主たる費用が「経費」なんですが、会社で働いている時と、個人で稼いでる時における経費の概念は、かなり違います。

まずは領収書(レシート) の重要さを知りましょう。

法律上でも”お金を稼ぐために使った費用”が経費です

経費でよく聞くのは「接待交際費」と「旅費交通費」でしょう。

接待交際費は、取引先と打ち合わせをするためランチに誘ったり、会議室で弁当でも経費になります。それで仕事が成立し、ゆくゆくお金が発生するなら……銀座の高級クラブでも申請できます。

旅費交通費は急な出張や単身赴任など、業務の上で移動する必要があったり、宿泊するほうがスムーズに仕事ができるなどの理由があれば、経費として計上することができます。

個人事業だろうが中小だろうが法人だろうが、経費の概念はあまり変わりません。

経費と認められるには、”お金を稼ぐために必要だった費用”なことを、論理的に証明できることが条件です。

クリアできれば、コンサートチケットでもアプリ課金でも家電購入も高級車を買うのも、経費にできます。

500万稼いで500万経費にすれば納税する必要はないケド

例えば年収を全て経費にぶっこんだ場合。

税制上は何の問題もないですが、生活費はどうしてんの? ってなります。業務に関係しない経費を計上した結果であるなら、税制捜査の末、脱税でより多くの税金を払うことになりかねません。

生きるための食事と業務上の食事は解釈が変わります。住居も全て仕事に必要なのかそうでないかで判断が分かれます。

領収書(レシート)は経費の証明書!

経費を証明する方法は領収書じゃないとダメ! と思っている人も多そう。

企業取引は見積り書と請求書が主ですし、レシートはでないので、金銭の証明書は領収書になります。フリーでも企業案件の仕事ならこうなるので、社名と日付に金額がわかるフォーマットを保存するようにしましょう。

飲食や買い物を経費にする場合は、レシートが重要な証拠になります。

レシートの保管は文字が消えるリスクもある

感熱紙のレシートは難点があって、下手すれば数か月で文字が消えてしまうところ。

申告書類は最低5年間の保存が必要。特にお金に関わる帳簿やそれに関わる証明書(レシートなど)は、保存期間が7年と定められています。

文字が消えたレシートを出しても証明にはなりません。なので、ボールペンで金額と日付のメモを付け足しておくのが予防線になります。

個人飲食店や露店だとレシートも出ないこともあります。その対策には、日付入り写真データか、手帳に日付入りメモを残すのが効果的。ようは物的証拠を残せばいいわけで、その手法は都度変わります。

お金がある人ほどじゃぶじゃぶ使うほうが節税になる

某社長が自費の1億をばら撒いたことが話題になりました。この行為は「広告宣伝費」として経費にできる可能性はあります。経費ではなく”寄付”でもいけますね。

1億円でリツイートの世界記録を出したわけだし、フォロワーが100万人増えたわけだから、広告として成功したといえます。申告しなければ1億円の在り方を問われ、下手すれば脱税の疑いで強制捜査。優しいルートは贈与扱いで追徴課税されるので、どちらもより多く支出する羽目になります。

なので「何名様にプレゼント!」は、シンプルかつ効果的な節税方法といえます。

商品を買って宣伝するだけで経費になる?

YouTuberやインスタグラマーは、映像を通してアクセスを集めて、その広告収入により所得を得ています。

なので商品を買って感想をアップするため、必要な機材は経費にすることができるし、レビューする商品も経費にすることができます。インスタならカメラなり使用するアプリも計上することが可能。

ゲーム実況もそれで収入を得ているのなら、ゲーム機にソフトも経費にできます。「課金ガチャ100連やってみた!」も、誰もやらないから俺が人柱になってデータを取る! などの正当な理由があり、論理的に説明できるなら経費にすることができますね。

ようするに、税務職員を納得させる材料があれば、娯楽も経費にすることはできるわけ。

「えっ?こんなのも経費にできるの?」がわかりやすい書籍

経費で落とす! 領収書がわかる本」はレシートの重要性と、どこまで経費として認められるのかがわかりやすい本です。

内容はそれほど難しくなく、わりと早く読めるので、立ち読みでパラパラ要点抑えるだけでも勉強になるかと。

ちなみに書籍は新聞図書費として経費にしやすい。知識を得るため、勉強するためとして最もな理由があるなら、ですけどね。漫画だって研究するためや批評サイトの運営をしているなら、十分に認められます。