扉を開けたらラップバトルきそうな雰囲気だけど普通の味噌ラーメンが出てきた|MUKUROSI

前々からちょっと気になっていた店に寄りました。豊橋市にある「無患子(MUKUROSI)」です。タイミングがあったので、行っちゃうか!と。

感想はタイトルの通りです(後いる?)。

スポンサーリンク

俺のセンサーに来たんだよ!

そんなわけで「無患子(MUKUROSI)」にきました。

ナビ頼りに向かうと、イオン豊橋南から高師方面に行くのはわかる……。でも途中で「これ誰かの家で行き止まりだろ」って道に入り、Googleのナビ能力はいつも私をハラハラさせてきます。

なぜか店がデカい無患子
なぜか店がデカい無患子

みんな大河ドラマでミッチー(光秀)の叫びにキュンキュンした余韻に浸っている頃に到着。すなわち21時頃です。

……先客が誰ひとりとして居ない、だと?

ここで”人気店”じゃないことはわかりました(失礼)。

異様な雰囲気で出てくる普通のラーメン

店内は広々としており、どうやら2階もある模様。駅チカのマックかな。

カウンター……らしきスクリーンがある対面テーブルに着席。店内にはシブヤのガード下にありそうなイラストが描かれており、今にもラップバトルが開催されそうな雰囲気。

ハッパキメてそうなんですが
ハッパキメてそうなんですが

だがメニューを見ると、普通だ。

──よし、明日から寒気が来ることだし、先取りして温まる味噌ラーメンだな! 辛いのもあるけど先日懲りたからね……。内臓も休ませてあげたい。そして栄養もつけたい。

スパッと出てきた味噌ラーメンは……

味噌ラーメン大盛り800+100円
味噌ラーメン大盛り800+100円

驚くほど普通でした。

「こういうのでいンだよ」と唸る味噌ラーメン

さてこの味噌ラーメン。どことなく懐かしい香りがする。

一口するたび、記憶の奥底から蘇ってくる情景……。そう、子どもの頃から知っている味だ。

チャーシューは旨みを全部吸い取られて、柔らかくて無味の”なにかの肉”になっている。具材は最小限。味噌ラーメンにはなぜコーンが入っているのか。お約束が散りばめられたバランスである。

ぷりぷりのコリコリです
ぷりぷりのコリコリです

そしてスープ。……これが驚くほど普通で、特段ウマイわけじゃないが、マズイわけでもない。ずっと飲んでいたいミソスープ(ガラ)だから悪くはない。あっさり。

麺はそれ自体に美味さがあるわけでもなく、スープは絡むよりも”弾く”ほどのプリプリ感。

そして乱雑な長さ……もしかして、これは────だな?

いやいやでも、驚くほど普通なんですよ。「こういうのでいンだよ」と唸る味なんですよ。700円以下なら納得できるんだけどなぁ。

MUKUROSIはこちら

営業は昼と夜の二部制。夜は24時L.Oまでやっています。店に至る道は住宅街の脇で、そこそこ迷いやすい位置だから注意(特に曲がる場所が)。

ラーメンよりもサイドメニューのほうが力入れてるタイプかもしんない。

無患子 (芦原/ラーメン)
★★★☆☆3.14 ■予算(昼):~¥999

コメント