二郎(本物)の童貞を捨てる|ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

東京はやっぱり人が多いけど、通常と比べれば、やっぱり少ないですね。

スポンサーリンク

ようやく二郎(本物)を食べるチャンスが来た

東京には何度か足を運んでいますが、ラーメン二郎で食べるチャンスがなかなかなかった。

ある時は年末だから休業。それを回避しても臨時休業。……きっとそんな巡り合わせなのだろう。地方民らしく、インスパイアなり二郎系で満足してろと、暗に伝えられているのかもしれない。

でも折角来たのだから、今度こそ行っておくべきだろう。

ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店
ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

そんなわけで、新宿にある2店のうち小滝橋通り店にやってきました。クチコミでは初心者向けらしい(何のだろう……)。

ヤサイニンニクで行く

着いたのは17時頃。並びはなく、運良くカウンターに滑り込めた。

ぶた入を購入し、トッピング(コール)は食券を渡す時に聞かれるので、「ヤサイニンニク」と伝えることができました。やったね!

注文したはいいものの、麺少なめにしなくて大丈夫なのだろうか。小ブタがなかったし、もしかしてコールした時点で、めっちゃ盛ってくるのではないだろうか。……なんだか不安になってきたぞ。大丈夫、朝8時以来何も食べてないし、行きの電車で腹がぐーぐーうるさかったくらいだ。

ぶた入ラーメン ヤサイニンニク
ぶた入ラーメン ヤサイニンニク

……これなら行け──る?

野菜にくさみもなくスープもほどよく麺はうどん以上(うまい!)

予想よりタワーだったのでちょっと怯む。

でもこれは地元の二郎系よりマシな盛りかも。麺が350gあるとかふざけた仕様じゃないっぽい。まずは二郎を食べきるポイントの、麺から片付ける戦法で。

ブタの味は薄いけどとろっとろ
ブタの味は薄いけどとろっとろ

麺がすごく食べやすいんですよ。

うどんみたいな風貌ですが、ほどよいゴリゴリの粉感で、歯ごたえもよく甘みがあって麺としておいしい。底にこぞんだ辛めのスープを掬い上げれば、野菜も一緒に運んでパラダイス。

うどんにしか見えない麺。つるつるで口に入れやすく食べやすい
うどんにしか見えない麺。つるつるで口に入れやすく食べやすい

いやぁこれは、ジロリアンが生まれるのもわかるわ。

食べ終わったらまた食べたくなっていた

次に来れるのはいつだろうか……。まぁ4日後に東京駅は来るんですけど……。

二郎系は確かに似ているが、なんか中毒性なウマさが足りない気がする。やはり本物が強いからこそ、影響を受けた店も多くなるわけですねぇ。

小滝橋通り店が初心者向けらしいけど、営業時間の自由度が高いのと、日曜営業が新宿エリアくらいだからってのもあるのかな。

いつか神保町のいってみたい。

コメント