男鹿半島から秋田駅までアレコレしてなまはげで締める

男鹿市に来たのは親族への挨拶とか色々。

「こんな時だから──」と、行くか行かないかをギリギリまで迷った。これ以上伸ばしてもなぁ。事態が好転する頃には桜が咲きそうだし、18きっぷの使用期間に合わせれるタイミングが、ここしかなかった。

12月にしては記録的な大雪が重なっても泣かない(想定済み)。

スポンサーリンク

大雪予報と旅程が重なっても泣かない

あらかじめ予定を立てると、荒天が重なることは運命だから、想定していた。

せめてもの恩情は、私が行く時に気温が少し上がること。氷点下にならなければ凍結の心配はまずないし、翌日の移動もなんとかなるだろう。

窓から見える景色に不安しかないけどテンション上がる静岡県民
窓から見える景色に不安しかないけどテンション上がる静岡県民

東京からの新幹線は、仙台の手前からもう銀世界だった。

通常の静岡県民ならもうハイテンション間違いなし。──だけど今回ばかりは、この雪道に車を運転しなければならないのよね。……まぁなんとかなるしょ!

スタッドレスを履いて雪道を走ったのは初めてとかいえない

まぁ雪道の経験がまったくないわけじゃないので、特にハプニングとかはありませんでした。

スタッドレスで走ったのが初レベルだし、レンタカーのブレーキ遊びに慣れないうちに雪道へ放り込まれるのが一番堪えた。秋田駅に繋がる道のわかりにくさ……ヤバない?

秋田1日目は終わり2日目は観光へシフト。

でも……見る物はないね……。行きで寄る余裕がなかった巨大ナマハゲを撮るか。

駐車場が広く巨大ナマハゲがいるくらいで、あとは特になかったりする
駐車場が広く巨大ナマハゲがいるくらいで、あとは特になかったりする

大きさを比べる物がないので、どれだけ巨大かがわかりにくいと評判。

3階建てのビルと同じくらいはあるかな? 男鹿市民いわく、さらにデカくなる予定らしい。何に予算と情熱をかけているのだろう……。

ハタハタの干物を探して道の駅をウロウロ

まずは一番近い「OGARE」へ。

なかなか雪が溶け切ってないOGAREでした
なかなか雪が溶け切ってないOGAREでした

ちょうどハタハタの水揚げが出てきたニュースを見ていたので、生があるかと期待したものの、ここにはないようだ。数日荒れ模様だったし、水産物も普段よりは少なそう。おまけに朝一番だし。

農産物も特に目を引くものがない──というか、今買っても困るしなぁ。

次は「道の駅あきた港」。ここで衝撃の事実を知る。

伝説となったうどん自販機
伝説となったうどん自販機

好きな番組の「ドキュメント72時間」で見たうどん自販機が、まさか秋田だったとは……。そして久しぶりに見るなこの自販機。かなり有名な存在のようで、観光資源にもなっているよう。

うどん・そば自動販売機 - 食べる - 道の駅あきた港 SELION(セリオン)
秋田の元気は港から 港の元気はセリオンから セリオン(SELION)のホームページです。

でもカステラ的な菓子にうどんを合わせるのはどうだろう……。

自分で食べるよりも他人に食べさせてみたい(率直な感想)
自分で食べるよりも他人に食べさせてみたい(率直な感想)

友人へのネタ枠に買ってしまった。感想は後で聞くとしよう。

ここでは冷凍のハタハタ干物があったりと、なかなか品揃えは豊富。秋田っぽいアレコレを数個買い、お土産枠でまとめて、ヤマトの配送センターで直接贈りました。

大きなスーパーに寄ってみると、ここには生ハタハタがケースごと1万円であったり、オスメスがパックで分けられていたりと、かなり優遇されていました。

野菜はちょいと高めですね。物価に大きな違いはないけど、野菜と肉類が微妙に静岡よりも高いかな。他県に行くとこういう”違い”を探すのも面白い。

何もトラブルなくレンタカーを返し稲庭うどんを食う

レンタカーはHV車を頼んでいたんだけど、受け取りの時に最新のフィットHVとアクアが並んでいたんですよ。そりゃフィットの方だろうと思うじゃないですか。

私が乗るのは6万キロ近く走っているアクアでした。装備も最低限で、ナビの性能もクソ。

これはあれだね? 雪に慣れてないS県民だから「まぁぶつけるだろ」と思い、古いボロボロを渡したのではなかろうか。……店側の利益としては最善の選択だな!

まぁ何事もなく帰って来たので、あとは何か食べてホテルへ行くだけ。

駅ビルの3Fで適当に名物っぽいのを探すも、目的としていた比内地鶏の店は営業していない。妥協をして稲庭うどんにしよう。昨日から食べ過ぎでもたれ気味だしね。

八代目 佐藤養助の醤油せいろ
八代目 佐藤養助の醤油せいろ

うどんはウマイが、せいろのザルがくっさいので、衛生面がヤバイ。

めんつゆの味も普通で、驚いたのは本物の稲庭うどんのコシくらい。スーパーで売ってる茹で麺と同じのも想像していたから、噛むのに疲れたくらいですよ。

総合すれば普通のうどんでした。

ホテルの暖房が頑張ってくれなくて寒かった

地元じゃ結婚式によく使われるホテルに泊まりましたが、部屋は広いけど施設が古いから、いろいろと残念な感じ。駅チカでやけに安かったのはこれが理由か。

ベッドも残念でぐっすり眠れず、翌朝はちょっとダルダル。

秋田ビューホテルから見た風景。これは屋外ウェディングの気配
秋田ビューホテルから見た風景。これは屋外ウェディングの気配

さて、秋田を後にして、これから18きっぷを使い、のろのろと浜松まで帰ります。

今回は泣かなかったヨ
さらばなまはげ

さらば秋田県、またいつか。

コメント