白河市で白河ラーメンを食べるはずが|かづ枝食堂

白河ラーメンを本場で食べたかったんや。

……でもちょっと違うのを選んでしまったようだ。

スポンサーリンク

米沢市の朝は寒かった

山形から福島へ向かう朝は早い。

見事な朝焼けだが、早く起きすぎた件
見事な朝焼けだが、早く起きすぎた件

8時に出ても白河へ着くのは12時頃。ダイヤの神様が仕組んだようなスケジュールで、昼は白河で”白河ラーメン”を食べる予定。

有名なご当地ラーメンにようやく会えるかも。

新白河駅にある「かづ枝食堂」に

白河市には「白河駅」と「新白河駅」がある。どっちも近隣に店はあるけど、数に少しだけ差がある程度。

歩いて行ける範囲は白河駅の方が多いが、心惹かれる店が営業していないor駅から遠いことがネック。新白河駅は数こそ少ないものの、駅前に評価の高い店があるので、かづ枝食堂を選びました。

雪もすっかり無い白河市にある「かづ枝食堂」
雪もすっかり無い白河市にある「かづ枝食堂」

駅を出れば徒歩2分ほど。

メシタイムは2時間を見込んだ。もし行列が出来ていた時に対応するためでしたが、思っていたよりも空いていた。

……まぁ、乗客がほぼ降りることもなかったしねぇ。

凶悪なまで野菜が乗っている野菜タンメン

王道を往く白河ラーメンなら醤油を選ぶべき。

でもここは、塩を選ぶのもアリなのではないだろうか。

日頃サラダを食べることは意識しているが、旅のメシは野菜が不足しがちになる。ここ数日でもっとも野菜を食べたのが、初日の二郎だから、今後を考えて野菜タンメンを選んでおこう。

あ、ついでに餃子も。

野菜タンメン(ふつう)|かづ枝食堂
野菜タンメン(ふつう)|かづ枝食堂

写真だと大きさが分かりづらいが、丼が異様にデカいんです……。

「洗面器かよ!」と思ったし、割り箸を丼の上に置くことが出来ないくらいの幅。それに野菜がこんもりしており、比喩することなく”麺が見えない”。むしろ麺を触れない。

ひょっとして、麺入れ忘れてんじゃねーのと疑うほど、野菜が多すぎる……!

食べても食べても野菜が減らない。

二郎の野菜マシでもここまで苦戦しなかった。麺は本当にあるのか……?

麺をサルベージするのも一苦労でした
麺をサルベージするのも一苦労でした

あったね。野菜に対して半分くらいの量だよ……。野菜をある程度片付けるまでに、ちょっと伸び気味ですよ。悲しいね。

あっさり塩味!野菜も餃子もウマイから許せる!

それにしても店員が多い。みんなから近所のおばちゃんを感じるけど、もしかしてみんな”かづ枝さん”なのだろうか……。

湯で野菜にあっさり塩味のタンメン。

味に飽きて酢を投入したら、これが逆に甘みを引き出す好アシスト。頑なに醤油こそ入れなかったけど、全体はタンメンらしい味でした。素直にうまい。

かづ枝食堂の餃子は王道を征く
かづ枝食堂の餃子は王道を征く

そして餃子もうまい。

一口が難しいボリュームのある肉餃子で、たった6個でも十分腹にパンチをかます量がある。……これは見誤ったね。軽く腹ごしらえが完全に満腹を越えた状態になってしまった。

野菜タンメンおそるべし……。

かづ枝食堂 (新白河/ラーメン)
★★★☆☆3.47 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

店内は昼のコロナ速報をやっており、おばちゃん達は福島でも増えていることを「怖いねぇ~」といっていた。

たしかにここ数日、東京都の数だけフォーカスが当たっているが、地方都市もバンバン数が増えている。東北地方でも宮城と福島は多いほうで、それだけ人の往来があるんやなぁと実感するのであった。

たっぷり野菜にニンニクと肉をキメ、おひさまを浴びれば、免疫効果も高まるぞ!

次の電車まで1時間あるのでコーヒーブレイク

……スープ完飲したら死ぬレベルの盛りだった(普通を選んだけど)。

次の電車は1時間後。ちょっと歩いて腹をこなれさせたい──ですが、人の往来がまったくないくらいだし、駅が無駄に広いのもあって、一周するだけでいい運動に。

喫茶店は反対側にあったので、重い体を動かしてコーヒーブレイク。

Wi-Fiのパスワードがめっちゃ遠くにあって読めなかった
Wi-Fiのパスワードがめっちゃ遠くにあって読めなかった

野菜タンメンの量が凶悪じゃなければ、ここでケーキで甘味補給をしようと考えていたけど、そんな余裕は何もありませんでした。

さてこれからいわき市に向かいますぞ!

コメント