性なる夜に1人寿司|三代目源太

いわき駅に到着し、秋田から続いた東北下り旅は終着点に。

今日はクリスマスイブ。ケーキorチキン? いやもうラーメンでいい……けど、ちょっと奮発するか!

スポンサーリンク

飲み屋が異様に多いいわき駅前

チェックイン後、地域共通クーポンの使いみちさんを探していた。

1k分だから、駅にあるだろうお土産屋で使おうと考えていた。でもその店がまったくない。東京で使えれば恩の時だけど範囲外。水戸駅なら使えるけど、茨城で買いたい物がない……。納豆はアカンやろ。

ある程度は事前に考えていたけど、直前になって迷い出した。

そういえば、今日はクリスマスだなと。一応誕生日だぞと。思い……出した……!

ちょっと奮発して回らない寿司にするか!

思っていたより強めな店だった(怯み)

そんなわけで「三代目源太」に到着。

混雑具合はわからないが、店内は忙しそう。店員が少なく感じるのは、聖なる夜効果だろう。カウンターに通される。

なかなか強そうな店ですね。

格言どおりに、果たしてうまいもんに出会えるのか
格言どおりに、果たしてうまいもんに出会えるのか

HPで値段は確認していたので、諭吉がふっとばされるほどじゃない。わりとリーズナブルで、色々なネタを扱っているようだから選びました。

臭みがなさ過ぎて違和感を覚える

注文したのは「とろあじのなめろう」「特選握りハーフ」。

意識が高いとろあじのなめろう
意識が高いとろあじのなめろう
奥からマグロ、イシガキダイ、ボタンエビ、いくら、ウニ、居たはずの玉子
奥からマグロ、イシガキダイ、ボタンエビ、いくら、ウニ、居たはずの玉子

なめろうが先に出てきたのでパクリ。……うん? これ本当にアジか?

味が弱すぎる。なめろうは臭みを消しつつ旨味注入する調理なのに、味が繊細すぎて「無」とまで感じてしまう。これならアイゴのなめろうのほうがウマイかも。

握りも同じくネタの味が弱い。

あまりにも味がないから、「もしかして俺、発症してる?」と嫌な予感をしてしまったくらい。……う~ん、これは、手当を頑張りすぎて旨味ロストしてしまった系か。

クチコミに「原発事故以来、福島産を使えなくなってから味が落ちた」と見たけど、なるほどと思った。

ちなみにここまでで、一番”らしい味”がしたのは、玉子焼きだったりする。銀座で1万越えのコース頼んだ時よりは、懐的にダメージが少ないな!

まだだ、まだ終わらんよ!

正直、なめろうを食べた時点で帰りたくなったのだが、珍しいネタも挑戦してみるとしよう。

左がシマアジ、右がオオニベ
左がシマアジ、右がオオニベ

シマアジとオオニベの握りを注文。オオニベはともかく、シマアジのねっとり食感はあるのに、甘みが全然なっしん……。やべぇな、本当に俺コロナってんのかな。

ここまで頼んで気づいた。絶対にハズレないだろう物を頼んで終わろうと。

そんなわけで、締めに「野菜の天ぷら」と「サワラの西京焼き」を。

季節の野菜天ぷら盛り合わせ
季節の野菜天ぷら盛り合わせ

いやぁこれらは美味しかったですよ。

地元の水産物を使えないジレンマを感じる

扱っている水産物(特に魚)は、主に宮崎県など九州からの物。津本式血抜きをアピールしており、長距離輸送で臭みMAXじゃないのはそのためでしょう。

ただ、魚の旨味も消している感じがするので、熟成というより無菌を維持しすぎている嫌いが見受けられます。釣り人は自分で釣った新鮮な物を食べているから、店で出された物は、旨味が弱いと感じやすいのです。

まぁでも、店の雰囲気は良かったので、選んで正解だったかも。値段も銀座みたいにアホほど高いわけじゃないしね。

ただ、寿司を握った手でハイボール渡されるのはぐんにょり。持ち手がぬるっとしてワロタ。

東北の主要都市の駅はどこも無駄にデケェ
東北の主要都市の駅はどこも無駄にデケェ

コメント