2020年の思い出に残る9杯のラーメン

インスタは9分割できるスクエアな画像を使うので、お気に入りの9枚を並べ、その年のベストを決める流れがあるみたい。

乗っかって、2020年の思い出に残る9杯(ラーメン)を挙げてみた。

スポンサーリンク

バスに揺られながら思い出した9杯たち

2020年は44回ラーメン屋に行き、内4回は同じ店でした。なので新規だと40店開拓した感じになります。……けっこう行ったな。

その中で「リピしたい9杯(9店)」を選ぶとこんな感じに。

「いっとく」と「まさか」は近いうちに行きたい。

魚介を食べたくなったら「AMORE」か「かつお商店」。

質の高さを堪能するなら「やまもと」と「歩く花」。

腹いっぱいになりたいなら、「二郎」「湯気」「池めん」かなぁ。

スッと入れて美味いラーメンが最強じゃない?

超人気店にある弊害が、長い時間並んでようやく食べれること。

時間は消費するだけで取り戻せない。食事はサクッと終わらせたいのが信条。浜松の行列が毎日できる店舗にも足を運んでいますが、並びで疲れていざ食べると……。「あっ、こんなものかぁ……」で終わるのよね。

それなら、スッと入れてそこそこ美味いラーメンが、個人的に満足度が高いわけです。

人気店を好むのは、グルメな人か情報を食べたい方々がメイン層な気がする。私は庶民派でOK。

なんかうまい具合にジャンルが分かれた
なんかうまい具合にジャンルが分かれた

コメント