防音個室ワークスペースvsネットカフェ

リモートワークが当たり前になってから、シェアオフィスよりも個室ワークスペースの需要が高まっています。三井不動産が手掛ける「ワークスタイリングSOLO」など、個室特化型サテライトオフィスが今後増えそう。

でも……どこかで見たことあるんだよなぁ……。

スポンサーリンク

個室ワークスペースってネカフェにあるアレか!

個室ワークスペースのニュースを見て、最初に思ったのは、「ネカフェの個室やん」でした。

個室特化型サテライトオフィス「ワークスタイリングSOLO」2020年12月8日より開始
三井不動産 ニュースリリース
一人用個室の防音対策を強化! | ニュース | 三井不動産のシェアオフィス・レンタルオフィス・サービスオフィス
三井不動産が展開するシェアオフィス・レンタルオフィス・サービスオフィス「ワークスタイリング」の公式サイトです。全国約60拠点の駅近オフィスを、10分単位のシンプルな料金でご利用いただけます。シェアオフィスを探している方はぜひご覧ください。

個室の見た目は完全一致レベル。だけど違う点もあります。

それは、声を出すか出さないか。

リモート会議をするには防音が欠かせない

ビデオ会議をする場合、なるたけ静かで邪魔されない場所を選びたい。

ネカフェに完全防音の個室があるほうが珍しく、隙間だらけのボックスで会議をすれば、セキュリティやコンプラ大丈夫なのかよ……って思ってしまいます。

情報はどこから漏れるかわかりません。ただ、油断から漏れることは多々あります。

その点、防音個室のワークスペースなら、ビデオ会議のノイズを遮断する造りに考えられているため、安心感は違いますね。

なんだかんだリモートは自宅でやるのが一番いい

ネットワークセキュリティが完璧であるかは別として、プライベート空間として最強なのは自宅でしょう。

ペットが写り込んでアイドル化したり、ミュートやログアウトを忘れてハプニングが起きたり、まぁいろいろ”やらかし”の可能性はありますが、情報を守る点では、自宅ほど安心な場所はないのではないか、と思います。

個室ワークスペースとして使えるホテルに、『sequence』が追加! | ニュース | 三井不動産のシェアオフィス・レンタルオフィス・サービスオフィス
三井不動産が展開するシェアオフィス・レンタルオフィス・サービスオフィス「ワークスタイリング」の公式サイトです。全国約60拠点の駅近オフィスを、10分単位のシンプルな料金でご利用いただけます。シェアオフィスを探している方はぜひご覧ください。

個室ワークスペースを使うなら、ビジネスホテルを使う方がいいんじゃないかとも思う。

でも、「テレワーク応援プラン!」とかいって、14時からチェックインはちょっとワークする時間が足りなすぎんよ~と感じます。それなら24時間プランとかやってほしいですね。

コメント