自分が死んだ後のPCやスマホのデータをどうするか問題

「俺が死んだらHDDを壊してくれ……」というネタは昔から鉄板ですね。

データは壊すことで消せるけど、登録しているサービスを消すには、ログインして退会する必要がありますよね。これ……パスワードがわからないと、手間と費用が膨大になります

これからは、自分が死んだ後に停止するべきサービスも考慮するべきでしょう。

遺族にその手順がわかるよう、遺書に添え付けしておくのがベストかと……。私はこれを「デジタル就活」と低位しています。

目次

デジタル就活の重要性を説く!

故人のスマホを解約するのも、なかなか手間なんですよ。

ドコモを例にすると、「死亡の事実が確認できる書類」に「手続きする本人の証明書」、それに使っていたスマホのSIMカードが必要です。

電話やオンラインで済ますことができないんですね。

あわせて読みたい
ご契約者の死亡による解約 | ご契約者の死亡による承継または解約 | お客様サポート | NTTドコモ ご契約者さまがお亡くなりなった場合に、契約を解約するお手続きのご案内です。

死亡者の契約解除には、死亡届の原本なりコピーが必須。

かつ手続きをするのが家族や親族であるのが望ましいため、実際に来店するなり本人確認が重要です。これは不正利用やすり替わりを防ぐため。

無料サービスは放っておいても害はないですが、中には「無料期間が終了して有料に自動移行」……なんてサービスもあるわけです。

それらに気づくのは、不明瞭な支払いが口座に記録されてから、になるでしょう。

それを予防するためには、故人の登録していたサービスを、全て解除しておくのが望ましい。

ここで必要になるのは、故人のログインIDとパスワードです

各サービスのログインIDとパスワードは管理しておくべき

ほとんどのオンライン契約は、アカウントにログインして「退会」すれば解除できます。

ログインしない方法で解除する方が難しいため、ログインIDとパスワードを忘れてしまうと、契約解除が困難になるケースが考えられます。

これを防ぐには、登録しているサービスの名前とID・パスワードを、一覧で記録しておくのが望ましい。遺言書に同封しておけば親切ですね。

私はスプレッドシートに全サービスの登録情報を記録しています。

カードの暗証番号とか統一してないから、たまに便利だなって思うことがあります。特に”資産”関連の情報だけはしっかり残しておくべきですね。

ダイヤモンド・オンライン
故人の「ネットバンクのパスワード」がわからないときの対処法 ネットバンクやネット証券で資産管理をしている人が増えてきました。「ネットバンクや仮想通貨などが相続財産にある場合の注意点」をお話しします。

ID・パスワードがわからなくても業者なら……

パスワードがわからない場合、最後に頼むのは解析できる業者です。

もちろん費用はかかるし、時間もかかります。故人が後に残される人の手間を考えないほど、死後にかかる費用が多くなってしまいます

もしそのようなケースになったら、遺品整理の業者に相談するといいでしょう。

サブスクの解除がもっとも面倒かも

サブスクは月額を支払っているなら永続するし、解除もオンライン経由がほとんどだし、登録サービスが多いほど契約解除の手間が増えます。

何を利用しているかを調べるなら、故人の口座を覗くのがいいでしょう。

月々の引き落としに何があるか、取引相手の名前から知ることはできます。ID・パスがわかっているなら、ログインして退会すればいいだけ。

それが無理なら、死亡届があれば解除できるのかとか、HPのヘルプやFAQにあるはずなので、参考にしましょう。

デジタル終活はこれからの時代、必須スキルになるでしょう。

むしろ資格をとってアドバイザーになるっていう手段もあります。現在の60代以降はデジタルに不慣れなため、あと20年はフリーでやっていくほどの依頼がくるかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる