iPadでブログを書くにも限界がある

このブログはiPadアプリのWordPressで、一から最後まで書いてます。

PCに比べて便利なこともあるし、不便と思うこともある。

そう感じている所をまとめてみました。

スポンサーリンク

マウスって便利なアイテムなんだなぁって

タブレットで文章を書くだけなら、デスクトップやラップトップとくらべて変わりはない。ただし、ブログを”整形する”となれば不便なことが出てきます。

それが「文中リンク」の作成。

あ、全てhtmlタグ打ちのゴリラは帰ってもらって大丈夫です。

文章の選択範囲をタッチでやるのクソ面倒

ビジュアル編集だと、リンクしたい文を選択する必要があります。

その方法はいくつかありますが、

  1. タッチすると出るポインターで指定する。
  2. カーソルを合わせ矢印キーで選択する。
  3. 面倒だからURLをコピー&ペーストするだけ。

──など。

私は物理キーボードなので(2)の方法ができます。タッチキーボードでも出来ないことはないけど、選択範囲を指定するのは手間。トラックパッドでもカーソル移動しながら左クリを維持するの面倒だし、どっちもどっちか。

同じ意見を持つ人は多いし、タブレットがウェブサイト管理(ブログ)に向いてないひとつの理由です。

大雑把な画像編集能力はピカイチ!

スタイラス(タッチペン)対応のタブレットは、画像に直接メモを書いたり絵を描くことができます。

絵が伝えることができる情報量は多いし、絵でしか説明できないこともある。なのでプレゼンみたいに、画像ありきで説明するタイプのブログに向いています。

だからSNSみたいに、写真に短文を添える感じの投稿にはもってこい。写真に落書きもできますしね。

そのためデスクトップよりも、画像加工アプリが高性能かつ無料で豊富なのが魅力。

スポンサーリンク

慣れればなんとでもなるもんだ

iPadでブログを書く楽な方法を模索していた末、ひとつの答えが「Markdownで書いたテキストをDropbox経由でデスクトップに送る方法」でした。どのみちデスクトップで整形する必要があったから、これでも十分だった。

でも取材先で今すぐ更新したい! なんて場合に困ります。

PCリモート操作だけでは無理だし、1つの端末で完結できないと、情報の鮮度がどうしても落ちてしまうなと。

んでいくつかのアプリを試していました。最終的に落ち着いたのがWordPress公式のiOSアプリだったわけです。

テーマでショートコードを多用しているならテキストエディタ経由がいい

WPアプリはビジュアルエディタが軽くていいんですけど、コード入力エディタの色分けが少なくコードがわかりにくい難点が。

文字装飾にショートコードを多用しているなら、別にテキストエディタのアプリで書いたほうが楽です。後で追加するにも、いちいちタッチで指定──を繰り返すなら、マウスを使ったほうが効率はいい。

……そういう考えをまとめた結果、「ラップトップでよくね?」となりました。

コメント