クソ重いWordPressのブロックエディタを軽量化するには?

WPのエディタが「Gutenberg」にアップデートされ、クッソ重いブロックエディタに進化しました。

スペックが足りず、動作にストレスを感じているみんな~。旧エディタに戻すことで解決するよ!

スポンサーリンク

悪名高いブロックエディタ「Gutenberg」に翻弄された日々

ブロックエディタにアップデートされてから、しばらく普通に使って、ようやく慣れたと感じてきたところ……。

「なんかめっちゃ重くね?」と感じるように。

WP5.0から導入されたブロックエディタ「Gutenberg」は、褒める人を見たことがないほど悪名高い。仕様はブログ向けで感心はするけど、重いのはストレスになります。

特に動作を鈍くする原因が、「カスタムHTML」のブロックを使った時だと気づく。

私はカスタムHTMLで広告タグを入れているけど、エディタ上で動作する際のロードで1分ほどフリーズすることもある。

これでは文章をサクサク書けない。なんとかしないと……!

問題は”カスタムHTMLブロックを入れると……”と判明しているので、これをなんとかすれば──と、思っていました。しかし、検索しても解決方法がない。

ならば以前の快適な環境に戻すしかない!

プラグインの「Classic Editor」で旧型エディタにしたらめっちゃ軽くて草

「Classic Editor」WPプラグインのひとつ。名前の通り、旧型のサクサクエディタに戻すプラグインです。

Classic Editorの使い方をご紹介!新エディタが使いづらいなら旧エディタに戻すのもあり!
本記事では、WordPressバージョン5以上にアップデートしても、以前のエディター(記事編集画面)を利用できるWordPressプラグイン「Classic Editor」を紹介します。 これを読めばインストール方法、設 ...

クラシックに戻すと、ブロックエディタの利点は消えます。

ありあまるメリットはとにかく軽いこと!

Gutenbergよりテキスト整形の自由度は下がるけど、エディタ画面で固まることが無くなったから、記事編集中のストレスがなくなりました。コード挿入はカスタムHTMLよりもスムーズだしね。

WPテーマの「cocoon」を使っているなら、エディタツールバーにあるタグ挿入がめっちゃ便利。

Gutenbergの良い点をあげるなら

画像(メディア)の挿入と、キャプションのつけやすさが魅力ですかね。divやpなど、ブロック単位の編集がしやすいことがメリットでした。

……でもそれってブログの”投稿”に必要?

ただ文章を書くだけなら、ブロック編集の必要はないと思う。ただし、画像を大量に使うタイプにはメリットが勝るかも。

コメント