WPのブロックエディタに慣れないならクラシックエディタを使おう

WordPressのエディタは、ブラウザ上で動作するため、できるだけシンプルのほうが動作が軽くなります。

ブロックエディタで重いと感じているようなら、プラグインの「Classic Editor」を試してみては?

スポンサーリンク

「Classic Editor」は旧来のエディタに戻すだけ

WordPressはver5.0からブロックエディタが実用されました。

実装当時は「クソ重い」とか「改悪」とか「○す!」など、怒りの声が目立ってましたね。……でも今はすっかり受け入れられたみたい。動作もずいぶん軽くなったしね。

でも使用するPC環境は人それぞれ。

ブラウザ上でサクサク文章を書けないと、ストレスになるし、なにより効率が悪い。それを解決するのが「Classic Editor」です。

プラグインの「Classic Editor」で旧型エディタにしたらめっちゃ軽くて草

「Classic Editor」WPプラグインのひとつ。名前の通り、旧型のサクサクエディタに戻すプラグインです。

Classic Editorの使い方をご紹介!新エディタが使いづらいなら旧エディタに戻すのもあり!
本記事では、WordPressバージョン5以上にアップデートしても、以前のエディター(記事編集画面)を利用できるWordPressプラグイン「Classic Editor」を紹介します。 これを読めばインストール方法、設 ...

旧エディタの利点はとにかく軽いこと!

ブロックより整形の自由度は下がるけど、ブロックエディタでよくフリーズするなら、クラシックを試したほうがいいですね。

あと、タグ挿入が便利なんですよ。

アフィ広告なりHTMLタグを駆使するタイプなら、クラシックエディタのほうが使いやすいかも。

クラシックからブロックへ戻すには?

プラグインタブを選び、Classic Editorを無効にするか、削除することでブロックエディタに戻ります。

もし消しても戻らないなら、ブラウザかサーバーのキャッシュをクリアしてみてください。

WPテーマ「Cocoon」なら設定で旧エディタにすることもできる

WordPressテーマのcocoonには、デフォルト機能で「Gutenbergエディタを無効にする」のチェックがあります。

Cocoon設定でブロックエディタを無効にすることができる。実質Classic Editorの代用。
エディタータブの一番上

ちなみにGutenbergを無効にしつつ、クラシックエディタを有効にしていても、特に問題はありませんでした。

逆に、ブロックへ戻そうとした時、cocoon設定の存在を忘れていたので、プラグインを消しても戻らないことに焦りました。

コメント