クソ重いWordPressのブロックエディタを軽量化するには?

「昔はよかった……」

この言葉は普段めっちゃ嫌いなんだけど、WPのクソ重いブロックエディタにいい加減うんざりしていたら、旧来のエディタにすることでストレス軽減しました。

スポンサーリンク

悪名高い「Gutenberg」に翻弄された日々

WPの投稿には、ブロックエディタの「Gutenberg」を使っていました。ver5頃から導入され、褒める人を見たことがないほど、悪名高いエディタです。

まあ使っているうちに慣れちゃって、なあなあで過ごしていた。

でもバージョンが新しくなるにつれ、「カスタムHTML」の独自スクリプトが邪魔しているのか、エディタでそれを使うとめっちゃ重くなる現象に悩んでいた。広告タグ入れるだけでロードに1分以上かかるんだもん。さすがにキレるよ。

問題は”カスタムHTMLブロックを入れると……”と判明しているので、これをなんとかすれば──と、思っていました。しかし、検索しても解決方法がない。

ならば以前の快適な環境に戻すしかない!

プラグインの「Classic Editor」で旧型エディタにしたらめっちゃ軽くて草

WPプラグインのClassic Editorは、名前の通り、旧型のエディタに戻すプラグインです。

Classic Editorの使い方をご紹介!新エディタが使いづらいなら旧エディタに戻すのもあり!
本記事では、WordPressバージョン5以上にアップデートしても、以前のエディター(記事編集画面)を利用できるWordPressプラグイン「Classic Editor」を紹介します。 これを読めばインストール方法、設 ...

最近(ver5以降)WPを使い始めた人には馴染みがないけど、それ以前から使っている人には、使い勝手がわかっているエディタかと。

ブロックエディタの利点は、divやpで囲んだ1ブロックの文章・画像・スクリプトなどを、ブラウザ上で自由に移動させることが出来ること。……うん、そのくらいしかないね。

ようは整形しやすいことがメリットなんだけど、……これがめっちゃ重いわけ。だから酷評しかありませんでした。

旧来のClassic Editorはとにかく軽い!

Gutenbergより整形の自由度は下がるけど、エディタ画面で固まることが無くなったから、編集中のストレスがなくなりました。コード挿入はカスタムHTMLよりもスムーズだしね。

WPテーマの「cocoon」を使っているなら、エディタツールバーにあるタグ挿入がめっちゃ便利。

Gutenbergの良い点をあげるなら

画像(メディア)の挿入と、キャプションのつけやすさが魅力ですかね。

文章をこれで書くことは向いてないけど、画像をふんだんに使うタイプのブログ・サイトなら、Gutenbergのほうが使い勝手はいいと感じます。画像ブロックを自由に動かせるしね。

コメント