深夜の浜松こってりはこことあそこの2択?|甘藍屋

ずっと君のことが気になっていた。

いつ通っても明るく、人が居ないことはない人気ものだ。……なかなか会えないけど、ようやくチャンスが巡ってきた。

すいません、豚そば、こってりで

スポンサーリンク

浜松市のラーメン厳選区ここにあり(のような気がする)

「甘藍屋」があるのは浜松市東区で、天竜川駅からそれなりに近いところ。この周辺は昔から何故かラーメン屋が多く、激戦区といえないこともない。

しかし西区から正反対の位置だから、車を向かわせるのが面倒な距離。

この地帯は攻めきれてないので、2021年は強化月間な感じで、最近はちょくちょく足を運んでいる。けれど、甘藍屋は「今日は行くぞ!」と決めて向かうと、毎回駐車場が空いてない……通過だけの時はガラガラなのに。

行けども入れない──募るのは恋心……。

さあ会いに行くんだ、ラーメンに。

選んだこってりがマジこってり

注文したのは、店イチオシらしい豚そば

普通とこってりから選ぶことができて、なんとなくこってりしたい気分だったのでこってりに。ちなみに食券ではなくオーダー方式。カウンターにも呼び出しボタンがあるため、コミュ障にもやさしい。

カウンター席は仕切られているけど、私が座った場所は、目の前に調味料がないので……これは詰みましたね。

「しまった。これじゃあ味変できないじゃないか」

豚そば(こってり)|甘藍屋

豚そば(こってり)|甘藍屋

と悩んでいたら着丼。豚がいっぱいで嬉しいな!

年中無休で0時近くまでこれが食べれるなら僥倖!

こってりがマジこってり。

どろっとしたスープはクセがない甘さ。浮かぶ油が乳化を加速する──。麺にいやってほど絡んでくるので、無味レベルの多加水麺にちょうどいい(さりげないDis)。

ぷりぷりな麺にドロっと濃厚なスープがからみつく|甘藍屋

ぷりぷりな麺にドロっと濃厚なスープがからみつく

スープと麺はそこそこイイ。残念なのが豚かな。

豚バラを炙った物だけど、旨味も何もなく、無味でボソボソ食感の”肉”だった。これなら二郎のブタが10倍ウマイ。「もしかしてツナかな?」と思ったくらいの無味。

全体のバランスを考えればアリ寄りのアリ。

日付が変わる頃まで営業していて、かつ年中無休。このレベルが出てくれば文句ない。浜松で23時前に、「こってりラーメンが食べたいなぁ」と思ったなら、ここと、影がめっちゃ薄い天一を候補にしたい。

駅前に同様の店がないこともないけど、車で行けるのは市民にとってポイント高いですね。

夜遅くにこってり食べたければ甘藍屋!

けっこう歴史ある店で、周囲にラーメンがひしめく中、10何年営業しているだけはありますね。メニューも種類が多く、流行りも取り入れた冒険心を感じられます。

グルメな味に期待するより、深夜帯でも、そこそこうまいラーメンを腹に入れれる幸せを感じて欲しい。

浜松市東区の【旨いスープと絶品チャーシューのお店】|甘藍屋(かんらんや)|ラーメン・豚そば・つけめん・焼ぎょうざ
旨いスープと絶品チャーシューのお店。お客さんに『美味しい』と言わせたい。 只々、その一念。長年の調理経験と知識、そしてらーめんへの思い入れと云う熱量込めてつくってます。追伸、甘藍屋ご新規様は ぜひ、豚そば or つけめん + 焼ぎょうざ をお試し下さい。「これが旨いと思わないのなら大変残念ですが諦めます。くや...
甘藍屋 (天竜川/ラーメン)
★★★☆☆3.47 ■予算(夜):~¥999

ひょっとして、鉄板焼きチャーハンが最強なのでは? 隣が注文していて、鉄板のジュウジュウと香りがほんとヤバかった。

夜更けにこってりしたければ甘藍屋がいいぞ!

コメント