堂々とした隠れ家的ラーメン|らぁ麺十六

浜松駅の北口から出てしばらく、家裁がドッキングしている総合庁舎の向かいに、一見は民家にしか見えないラーメン屋がある。それが「らぁ麺十六」。

入口にある看板を見て、ようやく確信しましたね。

目次

「らぁ麺十六」のチェックリスト

駐車場がなく昼営業のみだから、なかなかタイミングが合わなかった店。

今日は近くに用事があったし、ヤマダで買い物もあるしついで──と、『らぁ麺十六』に行きました。「面白い味」と聞いていたし、ナンバー入り店名ということでおすすめされていました。

  • 11:00~15:00※スープ終(日曜休み)
  • 駐車場は無いので近くのパーキングかYAMADAで買い物するか
  • 店は狭めで通路もギチギチ
  • テーブル席よりカウンターのほうが広いかも
  • 注文は食券で水もセルフ
  • 活気はないけどオシャレ空間

ヤマダに車を停め、駐車料金代わりにマウスパッドを買い、準備は完了!

店は横断歩道を渡った先にあるが……。

横断歩道の先にある小さな建物が目的地
横断歩道の先にある小さな建物が目的地

たびたび前は通っているけど、よくよく見ると、なんでここにプレハブハウスがと思う立地。そしてこの建物がラーメン屋だと、誰が遠目で気づくことができるだろうか。

営業中の札はあるけど、(中に人がいる!)と解ったことで安心感が。う~ん。ラーメン屋というか、今にもパスタが出てきそうな雰囲気。

レギュラーメニューの十六ラーメンを注文

何を頼もうか少し悩んだけど、店名にもある「十六らぁ麺」にしました。

トッピングには塩味玉を選択。━━その横にあった「忍者」がめちゃくちゃ気になった。選ぶことで忍者系にチェンジしたら、それはそれで嫌だ。NARUTOが出てきたら「なるほど」と思うかも。

待つことなく到着したラーメンは、おしゃれ感満載。

十六らぁ麺+潮味玉|らぁ麺十六
十六らぁ麺(潮味玉トッピング)|らぁ麺十六

参ったな、味玉がダブってしまった。

スープをひとくち……。ん? ラーメンでは経験したことない味。欧風のスープに近い味だから、コンソメを飲んでいる気分。これはこれでアッサリしてほのかな動物を感じれてイイ。これはトマトが合いそう。

パリッとした細麺はアルデンテのパスタのよう。目隠しで食べると、スープパスタだと認識する人もいるかもしれない。

スープが最も主張していた気がします|らぁ麺十六
スープが最も主張していた気がします

スープは優しいけど、具材の味がハッキリしているため、メリハリが効いた1杯といえます。器にある全てが主役な感じ。おいしい!

しかし、透き通った低温調理な豚肉がスープで熱が通ってしまい、カチカチになってしまったのがミスったかな。完璧に火が通ってしまうと、それは蒸し豚で別になるんよ。

生ハムに近い存在だったのだろうか。惜しいことをしてしまった……。

特記することはない普通の細麺|らぁ麺十六
特記することはない普通の細麺

らぁ麺十六はこちら!

JR浜松駅から歩いていけます。遠州鉄道でもいいけど、2駅程度なら待つより歩いたほうがいいです。駅からすぐ近くってわけでもないしね。

昼営業のみで日曜定休だから、週末に会うのは難しいかも。

席は狭めだけど、ランチタイムに優しいラーメンを求めているなら、マストな選択になると思います。位置的に喧騒から離れているし、ゆったりしたいならおすすめかな。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる