「らぁ麺十六」で創作系ラーメン|浜松市中区

浜松駅近くに、その建物ををラーメン屋だと認識するまで時間がかかるタイプの店がある。

入口まで来てようやく店名を確認できました。

スポンサーリンク

「らぁ麺十六」のチェックリスト

  • 11:00~15:00※スープ終(日曜休み)
  • 駐車場は無いので近くのパーキングかYAMADAで買い物するか
  • 店は狭めで通路もギチギチ
  • テーブル席よりカウンターのほうが広いかも
  • 注文は食券で水もセルフ
  • 活気はないけどオシャレ空間

十六は「面白い味」とおすすめされたラーメン屋。

街中にあるし昼営業のみだから、タイミングが合わなかったけど、今日は近くに用事があったので──と、『らぁ麺十六』に行きました。

ヤマダに車を停め、駐車料金代わりにマウスパッドを買い、準備は完了!

店は横断歩道を渡った先にあるが……。

横断歩道の先にある小さな建物が目的地

横断歩道の先にある小さな建物が目的地

これだけで「ラーメン屋がある!」と気づく人はヤバイと思う。

トッピングにある「忍者」ってなんだろう

営業中の札はあるけど、(中に人がいる!)と解ったことで安心感が。う~ん。ラーメン屋というか、今にもパスタが出てきそうな雰囲気。

何を頼もうか少し悩んだけど、店名にもある「十六らぁ麺」にしました。

トッピングには塩味玉を選択──したけど、その横にあった「忍者」がめちゃくちゃ気になったけど、初見で選ぶのは愚策だろう。

待つことなく到着したラーメンは、ほうほうなるほど──。

十六らぁ麺+潮味玉|らぁ麺十六

十六らぁ麺(潮味玉トッピング)|らぁ麺十六

参ったな、味玉がダブってしまった。

ラーメンが多国籍を許容する料理だと認識できる1杯

スープをひとくち……。ん? ラーメンではあまりない味ですね。どちらかといえば、欧風のスープに近い。コンソメよりもブイヨン寄りかな。

言われてた通り、この味がなかなか面白い。

スープが最も主張していた気がします|らぁ麺十六

スープが最も主張していた気がします

パリッとした細麺は、まるでアルデンテのパスタのよう。目隠しで食べると、スープパスタだと認識する人もいるかもしれない。

具材のひき肉と青ネギが、優しいスープにアクセントを与えてくれている。糸唐辛子は地味に辛かった。

ちょっと残念というか自分のミスは、透き通った豚肉がスープで熱が通ってしまい、カチカチになっていたこと。

生ハムに近い存在だったのだろうか。惜しいことをしてしまった……。

特記することはない普通の細麺|らぁ麺十六

特記することはない普通の細麺

トマトが入るとさらにウマイだろうなぁと思っていたら、トマトらぁ麺もあるのね……。次はそれ行きたいな。

らぁ麺 十六 (遠州病院/ラーメン)
★★★☆☆3.11 ■予算(昼):~¥999

コメント