パラパラなチャーハンは焦げ付かないフライパンを使うだけでいい

チャーハンはたびたび「パラパラにしたい」がトレンドになる。

そのたびに思うんです。……そんなに難しいか?(煽り)

パラパラにしたいなら、焦げ付かないフライパンを使うところからはじめましょう。

目次

なぜあなたのチャーハンはパラパラにならないのか?

ご飯の水分を飛ばせばパラパラになるんよ

もしかして、ザコ火力で野菜を一緒に炒めるとか、油をけちっているのでは?

家庭用の火力でパラパラにしたいなら、もう答えは出るはず。

  1. 野菜は別で加熱してからドッキングさせる!
  2. 油は水分を飛ばすために必要!

チャーハンをパラパラにするコツは2ポイントが重要です。

チャーハンをパラパラにするコツ

よくいわれますが、「溶き卵とご飯を混ぜてから焼く」はガチです。

フライパンをかえたらパラパラのチャーハンが驚くほど簡単にできるようになった
フライパンをかえたらパラパラのチャーハンが驚くほど簡単にできるようになった

米の表面についた卵は、加熱すると固まって、米の水分を閉じ込めるからでしょうね。

米粒がお互いくっつかなくなるし、パラパラになりやすい方法です。私もこの方法でやっていますね。

あと、温かい米か冷たい米かについては、正直どっちでもいいです。

炊きたてでも卵バリアをつけるならパラパラになります。卵バリアを使わないなら、水分がある程度飛んでいる冷たいご飯が有利かも。

焦げ付かないフライパンを使う重要性

水分が多すぎると、フライパンに焦げ付きやすくなります。

炒める時間が長くなるほど焦げやすくなるため、焦げ付きにくいフライパンを使うと、料理(チャーハン)の安定性に繋がります。

私はフライパンを変えたら、パラパラ100%になりましたね。

チャーハンなぞパラパラにできらぁ! pic.twitter.com/oIJH1wyy9q

— さしし🌵 (@sasisi344) February 2, 2021

油は温度を水以上にできるから、水分を飛ばすのに便利。とはいえ、使いすぎてもべちゃっとした料理になってしまいます。

水分を含んだ米は焦げやすいですが、焦げないフライパンなら、加熱時間を長くできるメリットがあり、パラパラになるまで炒めることがしやすくなります。

やはり料理は「道具」も重要だなと、実感しました。

……だってフライパンを変えただけで、パラパラチャーハンが簡単にできるようになったんですよ。感動しちゃったよ。

チャーハンを丸く盛る用に小型ボウルがあると便利
チャーハンを丸く盛る用に小型ボウルがあると便利(これは皿だけど)

使うフライパンは、ホムセンで売ってる2千円程度のテフロン加工で十分

今まで油ギトギトでも焦げるフライパンだったから、油なしでも焦げないようになったので、料理は道具次第でもあると実感。

マジで料理が楽しくなりました! 焦げ付くストレスがなくなったしね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる