パラパラなチャーハンってフライパン次第じゃね?

チャーハンを「パラパラにしたい」「パラパラにならない」など、パラパラ信者が多すぎる気がする。

……そんなに難しいか?

フライパン次第でベタベタになるしパラパラにもなる気がする。

スポンサーリンク

パラパラなチャーハンを作りたいならフライパンの見直しから

簡単なパラパラチャーハンの作り方!

使うフライパンは、油を使わなくても焦げ付かない系を使います。ようはテフロン加工みたいなヤツ。

チャーハンは炒める野菜や米の水分を飛ばすことでパラパラになるんだけど、焦げ付きやすいフライパンを使うと、米が特にはりつきます。

それを防ぐため、鉄鍋なら油膜のコーティングがあるわけだし、それは激安のテフロン加工でも補えます。

チャーハンをパラパラにするコツ

チャーハンをパラパラにするコツはだいたい2通り。

  • 米の水分をで蒸発させる
  • 米の水分をで蒸発させる

家庭用のコンロを使うと、中華鍋でも具材全てを一気に火を通すのは難しい……。だから「野菜>卵>米」と分割して炒めていき、米の時に野菜を投入すると、上手く行きます。

もっとも手軽なのは、先にご飯と卵を混ぜる方法。

これはマジでパラパラになります。でも野菜を一緒にすると台無しになりやすいので注意。

フライパンをかえたらパラパラのチャーハンが驚くほど簡単にできるようになった

フライパンをかえたらパラパラのチャーハンが驚くほど簡単にできるようになった

チャーハンに使う米は冷たくてもいいし温かくてもいい

使う米は熱くても冷たくても、どっちでもいいです。

しいていうなら、冷たいほうが卵と混ぜやすいし、そこで卵が固まらないので便利ですね。

アチアチは水分量が多いので、焦げ付きやすいフライパンで使うと洗い物が地獄になります。焦げ付かないフライパンなら、熱々ご飯を使っても問題ないし、水分も早めに飛びます。

私は焦げ付かないフライパンにしたら、パラパラ率100%を達成できました

以前は鉄フライパンを使い、油ギットギトで作っていました。でも、ど~しても焦げ付いてしまい、洗い物も面倒だしベチャってなるのが残念でした。

しかし!ニトリで買った激安フライパンにすると……あら不思議!

この件でハッキリわかった。

やはり料理は適した道具からだな、と。

初手、玉子とご飯炒めに、小さじ1に満たない油しか入れてません。なんなら無しでもパラパラにできます。

チャーハンを丸く盛る用に小型ボウルがあると便利

チャーハンを丸く盛る用に小型ボウルがあると便利(これは皿だけど)

 

コメント