ウマ娘が面白くてやめられないんだけど

ウマ娘が面白くてやめられないんだけど

俺の中で競馬ブーム来てる。

世間にも20世紀の名馬ブーム来そう。

スポンサーリンク

史実を追う育成パート。立ち塞がるライバル

パワプロ方式の育成パートはダルいけど、史実を追うレースローテに、立ち塞がるライバルを蹴散らしていく過程は、歴史を変えている感がマシマシ。

サイレンススズカの伝説「毎日王冠」で、エルコンドルパサーが届かなかったゴールを実現するとか。

毎日王冠でサイレンススズカを破るエルちゃん

どこまで行っても逃げるウマを倒すエルちゃん

骨折で無敗の三冠馬を逃したトウカイテイオーに、無敗で三冠をとってもらうとか。

トウカイテイオーは三冠よりも春天と有馬がキツイ

レース中の「ふぎぎ」な顔のテイオーちゃんすこ

「阪神大賞典」で名勝負をしたナリタブライアンとマヤノトップガンは、ストーリー後半で牙を剥く強敵だったりとか。

立ち塞がる次世代の名馬

叩き合いは他所でやって欲しいの図

それはそれとして、マヤノちゃんください。

各ウマ娘の育成パートで出走するレースは、実際のローテが基になっていて、ギリギリの勝負で沸かした名勝負をもう一度な雰囲気──。そのおかげでライスシャワーの難易度が跳ね上がってるもよう。

そしてメジロマックイーンで育成すると、ライスシャワーが最大の障壁になる面白さ(つらい)。

それらは”実際にあったこと”だけど、競走馬達の意思を知ることができたなら──を具現化したのが、ウマ娘じゃないかと思っている。

「20世紀の名馬」をみるとさらに楽しめるウマ娘

ゲームのウマ娘をはじめてから、アマプラでアニメ1期を見ました。

スズカの生存ルートはよく考えたなぁと思うし、スペシャルウィークの生い立ちもガチだし、この年代はドラマ性が高すぎて、レースのたびに泣いちゃう。

ゴールドシップは近代競馬のヤバイ奴だけどいい中和役。現実で担当した人もやっているウマ娘。影響力がヤバイ。

GI6勝馬「ゴールドシップ」の世話を務めた今浪隆利氏が『ウマ娘 プリティーダービー』をプレイし話題に
 iOS、Android向け育成シミュレーションゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』にて2月26日(金)、作中へ登場する競走馬「ゴールドシップ」を担当した厩務員の今浪隆利(いまなみ・たかとし)氏が自身のTwitterアカウントに同作のプレ…

登場しているキャラクター達は、20世紀時代を駆け抜けた優駿たちが多い。

見るとネタバレになるけど、「20世紀の名馬(100位)」を見ると、ストーリーが史実を基にしていることがわかるし、育成パートがより楽しくなるかもしれない。

20世紀の名馬で2位のスペちゃんは、日本総大将であり、アイドルなのだ。

レース実況も名実況があったりするし、アニメもそれを基にしているから、正解探しをするのも面白い。アニメ二期はトウカイテイオーの有馬ラストランで締めそうだし、ここでピックアップガチャやるとみんな死ぬど!

個人的にはステイゴールドを無敗にしてみたい。未実装だけど、アニメの時系列では走ってるのよね。

コメント