学習端末(タブレット)の可能性をわざわざ摘んでいく大人

学習端末(タブレット)の可能性をわざわざ摘んでいく大人

ギガスクール構想と声高々に宣言し、IoTと教育の連携がスタートしつつあります。

その過程で”上”は、子供たちに配布したタブレット端末が、学習以外に使われていることを心良く思ってないらしく、ぷんぷん丸らしい。

これって多様性を認めてないのと同じでは?

スポンサーリンク

学習用端末がゲーム機にされちゃって大変なの!

小中学生に配布したタブレットPCには、”上”が使ってほしくないアプリやゲームにウェブサイトをフィルタリングして、使用できないようにしている。

──気づきの通り、もともとある機能に制限をかけても、解除すればいいだけの話

子供たちは情報を集め、端末にかけられたks制限を解除することに成功! 各々YouTubeなりゲームアプリを楽しむようになったそう。かしこい

私としては、制限かけなくても勉強するヤツはするし、勉強しないヤツはしないから、制限かける労力分だけコスト増で意味ないやろ(鼻ホジ)の意見。

しかし、「これはいかん!」と”上”は憤慨し、親たちも不安がっているようだ。

学校のタブレット「家ではゲーム機」 小中学生配備端末に“抜け道”:中日新聞Web
全国の小中学生らに一人一台のタブレット端末などの配備が進む中、閲覧や使用を制限する「フィルタリング」を学校側が設定しても、子どもが抜け...

ある程度セキュリティを知っているならば、フィルタリングは設定するほうが面倒臭いことに気づく。なぜなら、何を有害で何を無害にするか、その取捨選択を個人で判断するのは困難であること。

だからフィルタリングの代行サービスもあるし、ビジネスとして成立している。人の困りごとを解決するのがビジネスの根幹だしね。

1端末で学びも映像もゲームも音楽も楽しめることを教えるべきだろうと

学習アプリしかできないタブレットは、マルチメディア機といえないのではないだろうか。

中学生以上なら大抵スマホを1台持つことになる。使い方は人それぞれ。写真を撮るのもいれば全く撮らない人もいる。通勤電車でもゲームをしたりウェブサイトを見たりと、多様化している。

そう聞くと、大人は自由に使っている風に感じる。しかし、有害だの詐欺にひっかかりやすいのは、そういう事例に慣れてない世代に多くなる。

子どもが真っ先にゲームと動画サイトにたどりつくのは、大人がそうやって使っていることを知っているからでしょう。何より今は、TVよりも動画サイトを小学生が好んで見る時代。

液晶端末=動画がみれると考えれば、学習端末でも同じことができるんじゃないか? と思考が加速しても問題ない。

なにより、できないことをできるようにするのは、”気付き”と問題解決を学ぶ過程で大事なことだと思う。この思考ができるのとできないのもいるから、人間って面白いと思うわけです。

「できないならできるようにすればいい」

こういう考えは新卒採用やベンチャーでめっちゃ好かれそうですよね。でもお硬い”上”がいると、「余計なことされそう」で釘を打たれちゃうわけで、人材は行くべきところへ流れるだけです。

100人中全員がゲームに没頭することもないやろ

1クラスの人数がどうあれ、思想の違いは必ずある。

授業の聞き方や捉え方も人それぞれだし、今は全員揃ってよーいドンで学ぶスタイルの日本は古臭いといわれるほど。勉強が好き嫌い・進みが早い遅いで最適化しやすいのも、学習アプリのメリットじゃないだろうか。

ほら、”上”が大好きなAIなら、テストのアプリがあれば、画面上の進行度合いと正答率で何が得意で不得意か、何に対して学びが薄いのかは判断できますぞ。

大体クラスに1人はリーダー的存在の陽は生まれるし、相反する性格の人だっている。これは企業だって同じだし、なんなら学校教員にもいえること。

学習端末で学習アプリしか使えない子と、学習アプリ以外も使えると知っている子では、後者のほうが臨機応変○で将来的にイノベーションを起こすのではないかと思う。縛られたルールを破ることも創造だから。

まあ”上”からしてみれば、いうことを愚直に聞く前者のほうが欲しいんでしょうね。

コメント