文脈解析で関連記事を表示するWordPressプラグインが便利そう

文脈解析で関連記事を表示するWordpressプラグインが便利そう

WordPressプラグインの「FUTURA(フーツラ)」は、全投稿の文脈を解析して、最適な関連記事の表示をアシストしてくれるプラグイン。

既に大量の記事があるWordpressを運用しているなら、これが最適になるかも?

スポンサーリンク

関連記事表示の通常と文脈解析の違い

WordPressの関連記事は、主に「カテゴリ」と「タグ」から選別されています。

それらは設定しなくても投稿できますが、読後のアクセスを促すに関連記事は重要だし、SEOにも影響はそれなりだから、設定しないにこしたことはありません。

いっぽう文脈解析はどんなものかといえば、現在見られている記事に散りばめられたキーワードを抽出し、類似した物が多い記事を選んで、関連記事に表示する──といった具合。

ようは、カテゴリやタグの抽出よりも、記事内容の酷似が高まるようになり、ユーザーの回遊性と直帰率の低下に繋がることが期待できます。

FUTURAは記事数が多いほど効果が高い

FUTURAに関して詳しい情報はこちらから。

トリニティ、文脈解析で関連記事を表示するWordPressプラグイン「FUTURA」を発表 – すまほん!!
スマートフォン向けのアクセサリーやSIMフリースマホ「NuAns NEO」などで知られるトリニティ株式会社は、文脈解析によってWordPress記事の関連度を算出し、関連記事を自動表示するWordPressプラグイン「FUTURA(フーツラ)」を発表しました。WordPressは...

WordPressの仕様上、投稿数が多ければ多いほど、タグとカテゴリがかぶる記事が多くなるため、サイト内回遊率は不利になりえます。

その点FUTURAは、AIがWPの全投稿から文脈解析をしてくれるので、投稿数が多ければ多いほど、タグ・カテゴリからの抽出よりも高精度な関連記事の抽出が期待できる、というわけ。

サイト運営者すら意図できない表示をしてくれそうだから、大きくなったサイトほど恩恵は大きくなりそうですね。

特定ジャンルだけのサイトより、雑多な日常系のほうが効果は高いかも。

有料プラグインだけど費用対効果はトライアルで

FUTURAは初期費用が1,980円で、月額が1,980円の有料プラグイン。

買い切りじゃないから高く感じるけど、記事数が多くて収益化できているサイトなら、運用するのは問題ないでしょう。……精度と効果は未知数ですけどね。

ベータテスターは5月一杯まで募集しており、ベータテスターは6月1日からの無料トライアルから6ヶ月間の無料利用が可能とのこと。テスターだからデータ送信なども必要になるだろうし、それが煩わしくなければ、応募するもアリ。

コメント