給与のデジタル払いってどうなの?

給与のデジタル払いってどうなの?

給与のデジタル払いとは、PayPayやLINEペイなどの電子マネーに直接振り込むこと。

これは21年度内に成立するかもな法案。

メリットはありつつも、正直デメリットの針デカすぎ問題も見逃せないこの制度。一見便利な制度に思えるものの、現実は「面倒くさい事例」がまだまだ残っている。

スポンサーリンク

なぜ給与のデジタル払いが推進されるのか

給与の支払いは、実のところ、現金での手渡しが原則だったりする。銀行口座への直接振り込みは法的にはグレーゾーン。

給与を手渡しにする理由は、明細と金額に違いがないかをその場で確認するため。明細のみでも口座の金額を確認すりゃいい話ですが、「お金は大事だからちゃんと確認しよ?」の戒めが重要。

──で、給与のデジタル払いが銀行振込より先に認められるのは、普通に考えて「なんかおかしくね?」という話。

なぜ今、給与デジタル払い? 受け取りに第3の方法―ニュースQ&A:時事ドットコム
政府は、スマートフォンの決済アプリに賃金を振り込む「給与のデジタル払い」を年度内に解禁する方針だ。解禁の背景や制度改正で対応すべき課題をまとめた。

支払う側からすれば、振込手数料が無くなる分、手元が潤うと考えられなくもない。

かといって、電子マネーと一切関係ない地方では、貰っても困るとしかいいようがない。

最大のデメリットは「口座引き落とし」に融通が効かないこと

電子マネー元年は2007年頃。キャッシュレス元年は2020年前後で、つい最近の話。

コロナ禍で非接触決済が推進され、21年の現在は、QRコード決済なら使えない店舗のほうが珍しいくらいになってきたところ。でもまだ100%とはいえない。特に100均店舗は導入してほしい(ダイソーは済)。

仮にデジタル払いに移行したとして、最大の障壁になりそうなのが「口座引き落とし」の支払い。

口座引き落としは雑にいうと、「勝手に回収してくれる」意味合いがあるので、こちらから何かをする必要がないので便利。

でも電子マネーなどキャッシュレスは、クレカ以外だと引き落としに関しては、こちらから承認する必要があるので手間が増える。

そういう部分では、まだ現金(銀行)の存在は大きいと思う。

むしろ少額の報酬を支払う場合にメリットがあるのでは?

デジタル払いのメリットは、日雇いとか週払いの少額でこそ使いやすい気がする。

年収1千万クラスで全額がチャージされても、使い所に困るほうが多くない? デカイ買い物で高額の現金が必要になると、コンビニATMで引き出すのに限界があるから、地味に面倒くさいことになる。

日払いなら1日の終わりに、スーパーなりコンビニで買い物がしやすいから、いちいち引き落とす手間もなく、利便性が高く感じる。

電子マネーを使っている身からすると……、口座から都度チャージすりゃいいし、全額デジタルにする必要なくね? とは思う。

キャッシュレス決済事業が口座と認められるか、それとも銀行が潰れるか

デジタル払いに関して、煽りを食らうのは銀行のみ。

仮に全社がデジタル払いに移行すれば、手数料という利益がなくなるので、自社でキャッシュレス事業を起こすしかないだろなぁと……。むしろ銀行の本分である、運用と回収で頑張ってほしいところ。

キャッシュレスは小銭をちまちま出す必要がないので便利だけど、税務処理は地味に面倒な部類なのよね。チャージ金額と支払いを記録する必要があるから。

デジタル払いが浸透した場合、キャッシュレス決済サービスが「口座」として認められると、その辺の処理が楽になるんじゃないかなーとは感じる。

コメント