一時停止で停まる自転車を見ると感動してしまうタイプ

一時停止で停まった自転車を見て感動してしまった

タイトルにある通り、一時停止の停止線でしっかり止まる自転車を見るのは、奇跡を目の当たりにするレベルです。

自動車に乗っていると、つくづく「自転車は公道でもっとも自由な存在じゃないか?」と思えてくる。

その理由を考えてみた。

スポンサーリンク

交通ルールを厳守するのは全世代で中学生がピークでは?

交通ルールをキッチリすぎるくらい守る世代はどこかなーと考えると、中学生が一番ルールとマナーを守っているように感じる。

はじめてのチャリはだいたい小学生から。交通ルールを学ぶ教室も盛んに開催されるけど、現地の経験が少ないので何が危険かをわからない世代。

中学生になると、小学生で経験した危険を学びはじめるし、校則に縛られるようになる。大人は汚いことをまだ知らないために、いわれたことを純に守る時期。

高校生になれば反抗期の真っ盛り。中学生で口うるさくいわれた交通ルールも、大人達のほうが守ってないじゃないかと気づく。

自転車の交通ルールを守っている大人は少ない

自転車の面倒くさい交通ルールをひとつ挙げます。

横断歩道を自転車で渡る時、自転車を降りて歩いて押すのが正解。これは歩道を利用する歩行者を守るため。

神奈川県警察/自転車に乗るときのルールとマナー
自転車に乗るときのルールとマナーを掲載しています。正しいルールを知り、安全に自転車を利用しましょう。(神奈川県警察)

同時に渡る歩行者がいなければ乗っていてもセーフですけど、これを守っている大人チャリンカーはほぼ皆無なのでは?

交通教室では正しいルールで教えられるから、自分が横断歩道を歩いている時に、自転車がシャーッと通過すれば、「大人が守らないなら、子供が守る必要もないっしょ!」と考えるのも当然でしょう。

子供がルールを守らないと転嫁することはあるけど、模範の見本が近くにいないからもあると思います。

自転車は任意で軽車両になるし歩行者にもなる存在

自転車は乗車中だと軽車両とみなされ、降りて押しているなら歩行者とみなされる。これは自動二輪(原付き)も同じ。

ただ、これを厳格に守ると、自転車って原付きよりクッソ面倒な乗り物だよなって思う。

某イーツで猛威を奮っているだけあって、公道上の利便性は二輪でも群を抜くことはわかる。乗れば悪魔、降りると神になれる自転車は、公道で最も自由な存在かもしれない。

そんなカオスな公道でも、律儀に信号を押して歩く学生を見ると「そのままでいて」と思うし、一時停止を守るロードバイクは模範であり続けて欲しいと願うばかり。

てか、一時停止って、「ここで止まって左右を見て安全を確認しないと死ぬよ」くらいの教え方でいいと思う。

実際そういう場所に標識なり停止線が引かれてますしね。

コメント