六本木ヒルズでヒルズ族の気分を味わおうとした

相変わらず無駄にタケービルだな!

──と、サムネ用写真を撮ろうとしたらスマホを落とし、液晶にヒビが……!! えっマジで、こんな間抜けなことで割れちゃったの? もう2度と高層ビルなんて撮らない!

見上げるアングルは気をつけよう。

スポンサーリンク

東京の夜景を見たかってん

東京は高層ビルだらけなので、一般でも入れるビルは探せばあるし、都庁もそれにあたります。

ただし夜景を見たいとなると、意外と選択肢がなかったりする。

東京湾を一望できる場所が理想だったけど、後の用事を考慮して六本木ヒルズに。ヒルズ族の気分も味わえるしね!

六本木ヒルズ「東京シティビュー」にいってみた

六本木ヒルズの展望フロアは「東京シティビュー」となっており、入場チケットを購入する必要があります。

販売列がけっこう長く、事前にウェブ購入しても、だから早く入れるなんてことはありませんでした。

展望フロアへのチケットは、隣接する森美術館の入場もできたりします。分類はややこしいですけど、価格も大きく変わることはないし、全部コミコミで十分。

東京シティビュー - TOKYO CITY VIEW
東京の中心に位置し、海抜250メートルの屋内展望回廊と、海抜270メートルの屋外展望回廊「スカイデッキ」を有する展望施設。屋内展望回廊にある「スカイギャラリー」では、眺望と融合した展覧会やイベントを行います。

”スカイデッキ”が屋上ヘリポートに出れるやつですが、入場してから追加で払うタイプなのでお間違えなく。

当日は1800円、事前なら1500円なので多少おトクに。

下界を眺める気分はどうだい?

ビルに入っている企業に就職すれば、賃金をもらいながらこの夜景を見放題やんけ!

でも入社するハードルが高いんだよなぁ。

寒気も入り空気が澄んでいたので、風景はすごく綺麗でした。富士山も見えたしね。ガスっぽさで光が瞬くのもいいですけど、曇りない街並みを見れたのはタイミングがよかったなぁと。

スカイツリーが観れるいい場所はレストランだったのがやり手すぎる。

併設されている展示も見ました

藤子不二雄展がルートにあったので突入! 私は漫画原作よりも、アニメとドラマのほうに触れていますね。

懐かしの鉄アレイとちくわに、スロットも展示するのか(困惑)。

生原稿もあったので、真のファンや研究目的の人にとっては時間をかけてみたい展示でしょう。

私はどちらかというと、現代美術館のほうをねっとり見ていました。

最後にあったこの写真。ヤマトの輸送力はんぱねーなと。

そして帰り際……CCさくら展の人気はさすがですね。コミケ開催中で流れてきているのもあるかもしれないけど、終わらないコンテンツすぎるな。

コメント