浜松市で一番災害に強そうな地域は三方原かもしれない

浜松で一番災害に強そうな地域はどこだろう?

災害大国ニッポンで生きていると、「安全な場所はどこにあるの?」と考える時があります。

住んでいる浜松市を例に考えてみると、三方原が最適かなと感じました。

目次

浜松のハザードマップに答えがある

三方原が災害に強いとなぜ思ったのか。

その答えは「浜松市防災マップ」を見ればわかります。ネット環境があれば誰でも見れるし、無くても防災パンフレットで見ることもできます。

浜松市のハザードマップで何もチェックしてない状態
浜松市のハザードマップで何もチェックしてない状態

防災マップで知ることのできる情報は次の事象などなど。

  • 山間部の地すべり
  • 河川の洪水
  • 南海トラフの津波浸水区域(最大想定)
  • 地震による液状化現象

災害の種類をチェックすると、マップ上に被害想定のエリアが表示されます。全部チェックを入れるとこんな感じに……。

浜松市のハザードマップ全部盛り
浜松市のハザードマップ全部盛り

あれ? 北区が強くね?

でもこうして、予測された危険区域を可視化すると、やはり台地は強いな、と感じます。特に三方原は浜松市の中でも、”安置”といえなくもないでしょ?

あわせて読みたい

浜松市でもっとも安全なのは三方原だけど……

三方原が「住みやすい?」かと問われると、ちょっと考えてしまう。

野菜を買うために行くことは多いけど、商業施設なりエンタメ方面は弱め。農業と工業が多めだから、住宅地が多くなるのも頷けます。

車があれば自由に動けるため、特に足りなくなる物はないですね。

”地域”で全てをまかなえるかってなると難しい感じ。

全国を見ても災害リスクが高いほど住みやすい土地になっている

経済が集中する地域があると、囲むように住宅が増えていくのはどこの国も同じ。それは生活しやすいからですね。

生活する上で、重要なのは水の確保。

川沿いに住宅が多いのはそういうことだし、稲作なり農業も発展するから、扇状地に大都市が形成されやすいのも納得できます。

現代では、全国のハザードマップがウェブで見れるようになり、どこが危険でどこが安全かを知りやすくなっている。

でもやっぱり、人気が集まるのは商業の中心部なんだよね。

コンビニがそこら中にあるとはいえ、生きるために買い物したり、ストレス発散に出かける目的地に近い方が、QOLは上がりますよね。

浜松市でいうと、中区と東区がそれに当たるっぽい。

どっちも天竜川が暴れると壊滅するのに、生活の利便性と天秤にかけると、「起きる時は起きるけど”想定外にならなければ”基本起きない」災害には目を瞑り、建物の強化で乗り切るのが現代人っぽくていいと思う。

浜松で一番災害に強そうな地域はどこだろう?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる