浜松市で一番災害に強そうな地域はどこだろう?

浜松で一番災害に強そうな地域はどこだろう?

災害大国ニッポンで生きていると、「安全な場所はどこにあるの?」と思うことがある。

浜松市を例に考えてみた。

スポンサーリンク

浜松のハザードマップで安全な場所を探してみた

参考にしたのは「浜松市防災マップ」。

ハザードマップ(浜松市防災マップ・津波浸水深マップ)
浜松市のハザードマップで何もチェックしてない状態

浜松市のハザードマップで何もチェックしてない状態

想定されている災害は、山間部の地すべり、河川の洪水、南海トラフの津波浸水区域(最大想定)、地震による液状化現象──など。

確認したい被害想定にチェックを入れると、範囲が表示される仕組み。──よし、じゃあ、全部盛りしてみるか!

浜松市のハザードマップ全部盛り

浜松市のハザードマップ全部盛り

これはひどい。とくに天竜川が溢れるとひどい。

でもこうして、予測された危険区域を可視化すると、やはり台地は強いな、と感じます。特に三方原は”安地”といえなくもない。

三方原台地

浜松市でもっとも安全なのは三方原?

災害に強い三方原とはいえ、「住みやすい?」といわれると、う~ん……と考えてしまう。

「三方原の戦い」と「ジャガイモ」で有名なこの地域は、浜松市の中で一際”災害に強い条件が揃う土地”でありながらも、商業に関してはよわよわだったりする。

農地が多いがために、商業と住宅地がアンバランスになっていると感じる。

車を走らせればスーパーなり本屋なりの選択肢はあるから、ベッドタウンには最適だろうけど、働き先が遠くなりやすいし渋滞しやすいのがネックですね。

でも三方原ポテトチップスは、やっぱり現地の在庫は潤沢で買いやすいですよ。

全国を見ても災害リスクが高いほど住みやすい土地になっている

経済が集中する地域があると、囲むように住宅が増えていくのはどこの国も同じ。それは生活しやすいからですね。

生活する上で、重要なのは水の確保。

川沿いに住宅が多いのはそういうことだし、稲作なり農業も発展するから、扇状地に大都市が形成されやすいのも納得できます。

現代では、全国のハザードマップがウェブで見れるようになり、どこが危険でどこが安全かを知りやすくなっている。

でもやっぱり、人気が集まるのは商業の中心部なんだよね。

コンビニがそこら中にあるとはいえ、生きるために買い物したり、ストレス発散に出かける目的地に近い方が、QOLは上がりますよね。

浜松市でいうと、中区と東区がそれに当たるっぽい。

どっちも天竜川が暴れると壊滅するのに、生活の利便性と天秤にかけると、「起きる時は起きるけど”想定外にならなければ”基本起きない」災害には目を瞑り、建物の強化で乗り切るのが現代人っぽくていいと思う。

コメント