地方都市に都会派が車で来るとマジであぶねーから!

地方の運転で気をつけるべきこと

地方の車社会で生きる私は、うすうす感じてた違和感がある。

「なんでここに車が!?」って顔して飛び出てくる人多すぎ問題。たぶん運転者も同じこと考えているから、出会い頭が減らないんだと思うよ。

スポンサーリンク

飛び出しで事故るのは車か歩行者が「来るわけない」と思い込んでいるから

辺鄙──といったらアレだけど、人気や交通量が少ないだろう土地にいくほど、両者の警戒心は驚くほど弱い。

家から出てくる人は、道路に出る際に左右すら見ない人が多い。

路上で後ろから荷物をだしている時、ドアをバタンと閉めてから、周囲を確認せずに車道へゴーしてくることもある。

その背景はおそらく、”いつもなら何も居ないし来ない”と認識しているため。

そういう無警戒な人を守るために、こちらは「相手がどこを見ているか」「相手はこちらに気づいているか」まで気にする必要がある。

これ、人や車がガンガン通ってるほど、お互いが気にするんだけど、”たまにしか来ない状況”が油断を生むんだなぁとつくづく思います。

「あっコイツ飛び出てくるな」とわかるためには

運転中だろうが歩行中でも、他人の動きを予測したほうが安全です。

たとえば駅構内で歩きスマホが前から迫ってくる時、あなたはどうしますか?

普通は避けるでしょうけど、向こう避けるだろうと考える人もいるはず。

他人の動きを読まない──つまり「空気を読めないタイプ」は、だいたい事故ってる印象がありますね。

特に歩行中の人とよくぶつかるとか、自転車で事故ったりしている人は要注意。私の出会った中では9割事故ってます。

コメント