五輪の自国開催バフが強い

五輪の自国開催バフが強い

東京五輪が開催されてから、日本代表のメダルラッシュが話題に。

もしやこれって……自国開催バフ……?

スポンサーリンク

他国への遠征はリスクがあるんだなって

4年に1度の舞台。

予選はあるけど、毎回が一発勝負。

心と体の完璧なマネジメントが求められる状況で、慣れた空間から離れるのは、どれほどのストレスだろうか……。

同じ市内のホテルでも寝付きが悪い雑魚メンタルな自分にとって、様々な制約もある中、島国の日本に渡ってくる各国選手の心情を計ることはできない。

気候に合う人もいれば、合わない人だっているでしょう。

食事が合う人もいれば、合わない人だっているはず。

『郷に入れば郷に従え』とはいうけど、言語の違いよりもハードルが高いのは、生命維持をするうえでの環境かと思う。

──なんだかんだで、笑顔は万国共通だし、ハグやシェイクハンドは友好を表すと中継を見ていてもよく感じる。

慣れた水と食料がいかに大事なのか、改めて知る機会になりました。

どこの蛇口をひねっても水が出るし、それが全部飲料水にできる日本は、他所からすればかなりヤバイのです。

コメント