「中華そば あたご商店」で特製牛白湯そば(醤油)|浜松市天竜区

あたご商店を近くの橋から

浜松市天竜区に、金土日祝のみ営業のラーメン屋がオープン。

立地的にヤバイ香りが漂っていたものの、渾身の1杯を食べたら「これは流行れ」と願いたくなる店でした。

牛白湯そばのスープが抜群にウマイ!

ラーメンは「牛白湯そば」「焼きあご中華そば」「貝まぜそば」「限定」の4種で、塩と醤油で分かれている感じ。3段階の値段はトッピングの種類。

注文したのは牛白湯そばの醤油(特製)

牛骨白湯そば(醤油)|あたご商店
牛骨白湯そば(醤油)|あたご商店

もうこれ確実にウマイやつ!

牛骨ベースは臭みがあると思いきや、貝出汁のパンチが旨味を増幅させている。麺は王道の中華そばって感じ。コシもあって好き。

牛骨白湯そばの麺
細くはないけど太くもない丁度いい麺

スープが抜群だから、曜日限定でも来る価値は十分にありますね。

近いうちにリピしたいところ。限定の冷やし比内地鶏が気になるんよ。

山間地エリアの活性化を担うあたご商店

あたご商店は市内でも山間にありますが、天竜区でもまだ市街地に近いほう。浜松市中心部からだと、車で1時間かかるかどうかって距離。

驚いたのは来客の多さですね。

夏の阿多古川は涼んだり渓流釣りで有名ですが、観光地ってほどじゃない。ここから長野・岐阜・愛知へ抜けるに便利な道の途中ってわけじゃないのに、驚くほど客がいるんです。

いやもう……ラーメンの集客性能に驚きますね。山間地エリアの活性化を狙うだけはあります。

浜松経済新聞
浜松・石神にラーメン店 山間地エリアの活性化目指す ラーメン店「中華そば あたご商店」(浜松市天竜区石神)が7月24日、オープンした。

でも……ここ意外にカネを使うところがないんだよなぁ……。道の駅が近くにあればいいのにね。

あたご商店のチェックリスト

出発地点からのナビルート次第では、林道や険道を選ぶので注意!

あたご商店の情報
  • 金土日・祝日のみ営業
  • 11:00~夕方まで(スープ次第かも)
  • 駐車場は店前に8台ほど。道の反対側にも同じくらい。
  • 注文は食券
  • カウンターメインとテーブル席が同じくらい。けっこう広い
  • 浜松市街地から行くならR152経由にするべき

ランチタイムはたいてい並びがあります。駐車場に車がたくさんいたら、店の入り口にある案内ボードに名前と車のNoを書いて待ちましょう。順番が来ると呼んでくれます。

地図を見てもらえばわかる通り、店は山間部の中途半端な位置にあります。

この位置がけっこう曲者。愛知の東栄とか岐阜方面からも直で行けないことはないんですが、途中の道がめちゃくちゃ細い険道が多くなります。

ナビは開始地点から最短ルートを選びやすいため、浜松西部からだとフルーツパーク近くから山に突入するので、普通車が対向で来ても詰むレベルの道になります。

なので運転に慣れてようが慣れてなくても、R152からのルートにしたほうが安全ですね。

あたご商店を近くの橋から

店の横は清流の阿多古川が流れています。ついでに涼んでいくのもいいよ!

あたご商店の横に阿多古川
阿多古川では鮎釣りと水遊びをやってて楽しそう
あたご商店を近くの橋から

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる