くろたろうだけど白たろうラーメン

R1通りにある「くろたろう」。ずっと前から気にはなっていた。

客入りがあやうい立地ながら、頑張って営業を続けている。ハズレの予感はしない!

……しない、が──どうも既視感がある。

スポンサーリンク

入り口にある看板のフォントであの系列だと気づいた

くろたろうに到着したところ、入り口付近にある文字に既視感を感じた。筆で書いたような、居酒屋っぽいあの書体。

これを使っているラーメン屋といえば……はやたろうだな。

麺屋はやたろう | 静岡県浜松市
家族や友人、同僚達と楽しく、美味しいらーめんを楽しめる「麺屋はやたろう」。濃厚とんこつスープの黒旨ラーメンや肉厚トロトロの厚肉ラーメンはもちろん名物信州駒ヶ根ソースかつ丼は絶品!

はやたろうは市内に数店舗あるグループ店。一番星とか微妙に名前を変えて点在しているのが小憎たらしい。まぁ一度いけば、メニューを開くかルイボスティーで気づくんだけど。

──愚痴をいったけど、特にマズイわけじゃない。

味を知っているからこそ、丼が届く前に想像できちゃうのが悲しい。名前は違っても”はやたろう”なのが悲しい。

カレーとんこつがあったら久々に食べたいな、と思っていましたが、どうやらない様子。……なら「白」かな。

くろたろうだけど白たろうラーメン

やっぱり感が漂うラーメンが到着。

白たろうラーメン|くろたろう

白たろうラーメン|くろたろう

20年近く前。まだ浜松に深夜帯営業のラーメン屋が少なかった時代、はやたろうは贔屓にしていた。おそらく1店舗で食べたラーメンだと、人生のTOP5に入るほど食べている。

白たろうラーメンは、その記憶を掘り起こしてくれた。

甘みを感じるトロトロのとんこつスープ。

それがよく絡む細めの麺。

くろたろうの麺

くろたろうの麺

こってり感をいい感じで中和してくれるルイボスティーは、相変わらずウマイ。

至高じゃないけど、安心させてくれる味がここにある。私にとって原点に帰る味がこれだと思う。

この日は20時閉店の時短を強いられた時で、19:20頃に到着したけど、客入は上々でした。20時を過ぎると、トラック野郎たちもメシ難民になるため、どこの飲食も客は多く感じた。

中にはこのタイミングでもあまり居ない店もあるわけで、どこに差があるのかと気になってしまう。

くろたろうはラーメンバカほど敬遠するだろうけど、ライトな層には、チェーン店らしい確かな接客に卓上呼び出しボタンがうれしいアイテム。

無難に美味しければ、それでいいじゃない。

コメント