蒙古カップ麺の「北極ブラック」で激辛を味わう

蒙古タンメン中本のカップ麺、限定の「北極ブラック」がセブンで発売中。

もともと辛いラーメンが揃う蒙古タンメンでも、極上の辛さ設定が北極ラーメン。そのアレンジが北極ブラックです。

食べてみたけど(辛さで)後悔しました。

激辛ラーメン好きをふるいにかける北極ブラック

辛いのは苦手じゃないけど得意でもない。でも蒙古タンメンのラーメンは辛くてもうまくて、近所にあるなら月イチで訪れたいやみつき感はある。

2月23日発売らしく、当日は用事のついでに市内のセブンを5店くらい巡りましたが、置いてありませんでした。翌24日はアレンジ蒙古推しをしているセブンにいったら見つけました。

そんなわけで早速ランチとしていただきます。

“赤は辛い”の常識がぶっ壊れる激辛ブラック

ドス黒さがやばい。なんだよ全然(見た目)辛そうじゃないじゃないかー。

ぱくぱく…………口が痛い。旨辛さを超越して唇に激痛が走りはじめた。見た目に反して過去最強に辛いラーメンでした。私には辛すぎて、お世辞にもうまいとはいえませんね。

辛いのが得意な人はこれを「美味しい!」と笑顔で食べるのかな。強いな(語彙不足)。

スープ全部は無理だったから残りをアレンジ

辛すぎて飲みきれなかったから、残ったスープを他に使って激辛料理を作ろうと思い立つ。

多量に使わなければ適度な辛さで、おいしい物が作れるのではないか?

作りやすいチャーハンとパスタでやってみた。

まずはチャーハン。スープを入れすぎてもリゾット化しちゃうから、パラパラに抑える塩梅だと”適度な辛さ”で作れますね。

玉ねぎと玉子が中和してくれるし、いい感じに仕上がりました。

私にとってのパスタはチャーハンを作る感覚。

野菜炒めを作ってそこに麺を絡めればいいだけだし、栄養も取れやすい時短料理なんだけど、レストランのおかげでハードルが高いと思われているんでしょうね。

そんなわけで、ここからブラックを投入すると──

こんな感じで「ブラックパスタ」が出来上がります。

蒙古タンメンの麻婆を、ミートソース感覚でのせるのもいいんじゃないかな。