2019年でも獠ちゃんはもっこりスイーパーだった

『劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』を観に行ってきました。

直前に見た感想に、「懐かしいラーメン屋でラーメン頼んだら昔のまんま出てきた」てのがあって、見終わったらホントそうだよなぁと、わかりみが深い。

アニメを見ていた世代を裏切らない様式美

ヒットした旧作をリメイクするのは、アニメやゲームでよくあること。

だけど実際は、「新キャラ出しちゃう?」「神曲を(クソ)アレンジしとくね!」「(蛇足な)シナリオ追加したよ!」など、余計なことをして評価が下がることが多かった。

新作の劇場版が決まったシティーハンターも、そうなることを危惧されていたが……全然大丈夫!

“お約束”を貫き、そして盛り込み、「ここが変わってるんよ」と新旧の新宿を比べられる。2大悪役には、かつてチンピラやられ役メインだった2人が再登場──!

とにかく……製作陣のわかってる感がすんごいやんばいのである。

冒頭からOPまででわかる”現在の”シティーハンター

「いつも通り暴れてやるぜ!」と、市街地でぶっぱする悪役(モブ)が登場。

よくわかんないけど追われている香に、最後はマグナムで決めてくれる獠の登場で掴みはバッチリ! 実際のTOHOシネマズ新宿に居るゴジラに火を吹かせ、配給元への配慮も忘れない。そして公開記念の2019トンハンマー。

2019年も遼と香の名コンビは健在。……OPだけでお腹いっぱいですぅ。

お約束が詰まった本編にもっこり

単語としてもっこりはよく登場したが、テント表現はNGになったのだろうか。

依頼者を覗こうとしてハンマーを頂き、夜這い防止トラップでマンションを壊し、布団で巻かれて外に吊るすまでの流れはホントいつもの安心感。後ろに飛ぶトンボも相変わらず。

ドローンを使うハイテクな覗きにも順応する獠ちゃん。これは後の布石に必要だったんだなって気づく。

正直くどいくらいに盛り込んで、ぼちぼち飽きてきたなーってところに、喫茶キャッツアイになぜかロケランをぶち込まれることで、シティーハンターの本格アクションがはじまった。

コナンは爆破から名シーンがはじまる。シティーハンターは海ちゃんの災難から盛り上がる。

変わり続ける新宿、熟練された声優陣

胸熱だったのは、かつてチンピラやちょい役がメインだった山寺さんと芳忠さんが、本作のダブル悪役なこと。しまいには本家キャッツアイも登場。

あの頃はなかったバスタ新宿からドンパチがはじまり、現在の姿そのままを舞台に海坊主と美樹のコンビも新宿御苑を舞台に大暴れ。道路封鎖をする警察はやけにリアルな手順とコーンの置き方に草。いいところでサポートする冴子もホントいつも通り。教授とかずえさんも出てくるのは予想外だった。

序盤は声優の高齢化をしみじみ感じてましたが、後半になると違和感はなくなりましたね。

最後のほうはもう、自分のほうが年取ってんじゃないかって思ってた。

最後の銃声にはコンビ愛を

香が獠ならこうすると信じて、射線を確保するシーンは原作にも何度かありましたが、新宿プライベート・アイズでもラストにきてエモかった(尊み)。

個人的エモ演出は、マグナムに持ち替えてから「SARA」が流れたのが最高潮。あのOPとゴーゴーヘブンは私のマストです。他にも主題歌は流れているので、ある意味シティーハンターのベストアルバムをついでに視聴している感じ。

そしてED前はお決まりの流れ。

遼が良いことを言い出してGetWildのイントロが流れ、止めて引く。そして「STILL LOVE HER」に切り替わる二段構え。今の新宿の写真に最後は都庁でしめると──。

「君が食べたかったのはこれだろ?」

ちょっとおまけしといたよ程度の盛りで、味は昔のままがいいんです。

一連の流れは懐かしくもあり、洗練された現代のアニメーションは、生きる街の成長に負けない表現でした。本当の最後に映る新宿駅に、そのメッセージが込められていそうだなと。

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ

劇場版『シティーハンター』10億円突破!“もっこり”かけ声応援上映も決定

また都庁ランチしにいくか!

TOHOシネマズ新宿で観れば、外でただけで聖地巡礼でおトクそうだなと。

昨年末は歌舞伎町とゴールデン街を見ていたし、新宿ダンジョンも味わっていたので、劇中のシーンはどこそこがわかってそれも面白かったですね。まさかラーメン食べたとこが出てくるとはね。

一昨年に都庁いってたけど、写真のバックアップがなくて悲しい。

私が思うアニメーションの利点は、実写には難しい現実の街でもドンパチが可能な所かと感じています。爆破が代名詞の探偵映画もだからこそ成り立っている感があります。

シティーハンターの設定として面白いのは、冴羽獠が新宿に必要とされている存在でありつつ愛されているところ。だからこそ、ゴールデン街で乱射されても店主たちが「後はやっとくから」で済むし、御苑でコマンドーしても一般人は花火だと思うけど、冴子たち警察は後始末を担っている──。

そんな舞台裏も現実に落とし込めば、裏の世界を知らないのも、そういう存在のおかげかなと思います。

賑やかなバーがあったら、そこで獠ちゃんが裸踊りしているのかもしれません。