緊急事態宣言が全面解除されそうだけど観光飲食はどう?

緊急事態宣言が全面解除されそうだけど観光飲食はどう?

新規感染者数は落ち着き、病床使用率もかなり下がったことで、9月30日までの予定通りに宣言解除の方向になりそう。

もっとも締め付けが強かった観光飲食は「さて、どうするか」ですよ。

スポンサーリンク

ワクチン2回接種済みが優先される世界に?

日本もワクチンパスポートの導入を検討しているそう。

どうやらマイナンバーから申請して、QRコードに個人情報の共有を考えているみたい。……いやいや、国家プロジェクトの箱からアクセスひっぱるとか、セキュリティ部門のSEが誰もやりたくないのでは。

スマホ版「ワクチン接種証明」はマイナンバーで申請 事業者向けAPIも提供へ
ワクチンの接種をスマートフォンで電子交付する際の仕様案公開。APIも提供し、事業者や公共機関が予約受付の際などに使えるようにする計画だ。

偉いさんは国内利用より、国際線の利用だけを考えてるのでは。

旅客業は搭乗ゲートにQR読み込み端末を用意するだけでいいし、導線も1本になるから、管理はラクになるってのはありますね。

ただこれを国内の飲食や宿泊で使えるかってなると、……対応しきれるのかなって。

また旅行代理店が優先されるのでは

仮にQRコードのワクチンパスポートが実行されたとする。

証明されたら飲食宿泊は自由!ってなった場合、問題は、QRコードを読み取る端末なりアプリが店舗ごと必要になるってこと。

その優先特権も実証実験が開始されているそうだけど、専用端末を用意する財力があるかどうか。補助で出すにしても、生産が間に合うかどうか。

スマホアプリなら従業員のでも使えるメリットはあるけど、特殊な個人情報を読み込むため、統合DBにアクセスする必要があるだろうし、漏洩リスクは高くなりますね。

……まぁそれを知ったところで、「あいつファイザー半年前だぜ」くらいの情報ですが。

ネット予約の代理店が、予約段階でパスポートを読み込ませるのが主流にはなりそう。

それなら現地は手間がひとつ減るけど、客から直接の予約はどうするかって話にも。──考えられる障害はいくつもあるわけです。

2回接種限定のGoToキャンペーンもありえるかも

GoToキャンペーンは現在、全て一時停止の処置になっています。

2回接種の証明で、行動制限が解除される可能性があるため、接種完了70%の見込みがある11月から再開の可能性がないこともない状態。

GoToトラベルの利用意向は7割、ワクチン接種者限定プランへの要望も多く、産経新聞が調査発表
産経新聞系列のリサーチ会社が「旅行に関する意識調査」を実施。今後、「GoToトラベル」利用したいは7割の上るなど、旅行ニーズが高い傾向。

もし11月からって話になると、事業所は1ヶ月程度の準備期間で、新たな制度に対応する必要があるわけです。大変やね。

やってもいいし、やらなくてもいい。

現在も経営し続けられているのは、新しい生活に対応してきた経緯があるかと思います。ピンチはチャンスといいますが、変化に適応できるほど柔軟な思考こそ、防衛手段として優秀ではないかと考えます。

コメント