無人販売で成功しているっぽい餃子の無人販売モデル

浜松市内にある無人餃子販売店のまとめ

日本人はマナーがいいとか、治安がいいとはいわれるが、無人販売には万引問題がつきもの。

しかし餃子の無人販売はなんとかなってる不思議。

スポンサーリンク

万引多発で中止になった宇都宮の焼き鳥店

無人販売の是非が問われたのは、万引多発で中止にした焼き鳥店の話。

万引き多発し中止に コロナ禍の無人販売 宇都宮の焼き鳥店(下野新聞SOON) - Yahoo!ニュース
 新型コロナウイルス感染症の影響による売り上げ減をカバーしようと、宇都宮市内の飲食店が始めた焼き鳥の無人販売が、万引被害のせいで営業中止に追い込まれた。非対面非接触で24時間購入できる点などが好評だ

店先に冷蔵庫を設置して、真空パックにした焼き鳥を4本入り一律500円で販売していたそう。

かなり良心的であり、購入側の良心も問われる営業形態。

冷蔵庫横に代金箱を設置してあるだけで、防犯カメラなどのセキュリティ面はゼロの営業。最初はトラブルなく売れており、可能性を感じたらしい。

状況が変化したのは1ヶ月後。

万引が目立ちはじめ、在庫が全てパクられることもあったそう。

治安がいいだの思いやりがあるだの、日本人の魂を褒めることは多々あるけど、居るところには居るもんだなと再認識した件でしたね。

餃子の無人販売モデルが最強なのでは?

「餃子の雪松」は24時間無人で冷凍餃子を販売しています。

【公式】餃子の雪松 - 創業昭和十五年、三代続くこの店は知る人ぞ知る餃子の名店、「餃子の雪松」。その秘伝の味をそのままに「雪松」の秘伝の味を継承したのが餃子専門店「餃子の雪松」です。お持ち帰り餃子36個入り1,000円!
創業昭和十五年、三代続くこの店は知る人ぞ知る餃子の名店、「餃子の雪松」。その秘伝の味をそのままに「雪松」の秘伝の味を継承したのが餃子専門店「餃子の雪松」です。お持ち帰り餃子36個入り1,000円!

関東からはじまり、今は東日本をほぼ網羅して、近い西日本と北日本にも店舗を持つ強い店。ここの販売スタイルは、浜松市に出店する他の店が真似ている感じ。

餃子は36個1パック1,000円。欲しい分だけ料金箱にお金を入れて、餃子を持ち帰るだけ……簡単でしょ?

考えようによっては、いくらでもごまかされるタイプなんですが、先の焼き鳥みたいな話は聞かない。

やはり密室空間に防犯カメラがあるのが、最大の抑制力になっているのでしょう。……ほんとに見ているかは知らないけど。

防犯カメラの映像は証拠として最強

無人販売なら、売上と減った商品を照らし合わせれば、”やられた”ことに気づくことはできます。

難題は「誰がやったのか?」を証明すること。

カメラで24時間の映像が残るとしても、何時やられたのかを判断するのは難しい。日々の売上を見たあと、前日の24時間分の映像を見直すとか、軽く死ねるし無駄な作業ですよね。

仮に冷凍庫に鍵をかけて、電子マネーの支払いでロック解除みたいなシステムでも、開いた瞬間に全部持っていかれる可能性もあります。

でもなぜか、餃子の無人販売は、どこも雪松モデルで継続しているんだよなぁ……。採算度外視なのか、それともチップが多いのか、謎。

いずれゲート認証の無人販売も当たり前になるんだろうなぁ

無人コンビニは実証実験をやっていますが、普及まで至ってない感じ。

まあ現状でもサービスに困らないし、レジ横のケース惣菜を売りにくいし買いにくいから、現状の対面で十分ではないか? と思います。

飲食は新コロのおかげで、新たな販売経路を模索し続けている最中。

最近は冷凍自販機が幅を効かせており、ラーメンからお菓子にイタリアンに中華など、24時間買えて家で楽しめるメリットがウケています。

各地に冷凍真空処理する食品工場を作ればさらに加速しそう。とはいえ、”元にもどったら”を考えると、どうなるかなーって悩みます。

コメント